本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

ソーシャルビッグデータ研究連携センター

  • 印刷

~東京大学、国立情報学研究所との研究連携の推進~

人間行動解析、データ処理基盤、サイバーセキュリティ、高速・頑健言語処理、情報可視化等の研究開発

情報通信研究機構、東京大学生産技術研究所、国立情報学研究所との間において、平成25年12月に締結した「情報通信分野に関わる連携協力に関する協定書」に基づき発足した3機関の連携による戦略的な研究拠点を活用して、ビッグデータの高度利活用による多様な社会課題解決を目標とし、人間行動解析、データ処理基盤、サイバーセキュリティ、高速・頑健言語処理、情報可視化等の研究開発を推進しています。

時系列画像3次元可視化統合基盤フレームワークに関する研究

汎用的な部品の組み合わせで時系列画像3次元可視化システムを実現できる統合可視化基盤フレームワークを研究開発しています。

現在開発中の技術:

  • 車載GPS等のセンサ情報から得られる大規模データに対して、対話的に解析を行うための可視化基盤技術
  • 裸眼立体ディスプレイ及び壁面ディスプレイ環境における3次元可視化技術 

bbbb
実世界イベントの字空間可視化に関する研究

大都市で発生するイベントの影響や時空間的な広がりを把握するための時空間可視化技術を研究開発しています。

現在開発中の技術:

  • 投稿中の地名や位置参照表現をもとにした位置情報への関連づけや局所的に観測された単語からローカルイベントを抽出する技術
  • 限定された場所で発生するローカルイベント群から広範囲に広がるグローバルイベント群の抽出技術
  • 3次元空間における多層地理空間ワードクラウド表現による可視化技術 

2012年2月26日東京マラソン 3時間毎の変遷

マラソン開始からゴールまでのイベントの影響範囲の推移を可視化するとこのようになります。 

大規模ソーシャルグラフ解析システムに関する研究

次数分布に偏りのあるグラフデータを対象とした高速なグラフ解析技術を研究開発しています。

現在開発中の技術:

  • 次数が大きいノードを効率的に分散処理可能なデータ構造を導入したGraphSlice技術
 

時系列イベントデータからのパタンマイニングに関する研究

購買・検索ログのような時系列イベントDBからのパタンマイニング手法に関する研究を推進しています。