本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

高度通信・放送研究開発委託研究

研究評価 > 平成28年度日欧共同公募委託研究(第三弾)
       第2回中間レビュー評価結果一覧

  • 印刷

採択番号 研究開発課題名 研究
期間
受託者(◎印:代表研究者) 評価
18301 欧州との連携による公共ビッグデータの利活用基盤に関する研究開発

副題:スマートシティにおける市民の影響力を拡張するビッグデータ・クラウド・IoT融合基盤技術

Acronym:BigClouT
H28
年度
|
H31
年度

(36か月)
◎東日本電信電話株式会社、学校法人慶應義塾、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所、日本電信電話株式会社、国立大学法人筑波大学、株式会社YRP-IOT(~H28)
(欧州共同受託者:Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives(フランス)、Engineering Ingegneria Informatica SpA(イタリア)、Institute of Communication and Computer Systems(ギリシャ)、Lancaster University(イギリス)、Absiskey(フランス)、Grenoble - Alpes Métropole(フランス)、Bristol ls Open Limited(イギリス))

・Project has achieved most of its objectives and milestones for the period with relatively minor deviations.
18302 欧州との連携による公共ビッグデータの利活用基盤に関する研究開発

副題:CPaaS.io: 統合化されたオープン・シティ・プラットフォーム・アズ・ア・サービス

Acronym:CPaaS.io
H28
年度
|
H30
年度

(30か月)
◎株式会社横須賀テレコムリサーチパーク、((再委託)日本マイクロソフト株式会社、株式会社ACCESS、ユーシーテクノロジ株式会社、国立大学法人東京大学)
(欧州共同受託者:Bern University of Applied Sciences(スイス)、AGT Group(R&D)GmbH(ドイツ)、NEC Europe Ltd.(イギリス)、Odin Solutions S.L.(スペイン)、The Things Industries(オランダ)、University of Surrey(イギリス))

・Project has achieved most of its objectives and milestone for the period with relatively minor deviations.
18401 欧州との連携による情報指向ネットワーキングに関する実証的研究開発

副題:革新的なアプリケーションとグローバルな実証によるICNの深化

Acronym:ICN2020
H28
年度
|
H31
年度

(36か月)
◎株式会社KDDI総合研究所、株式会社構造計画研究所、国立大学法人大阪大学、公立大学法人大阪市立大学
(欧州共同受託者:Georg-August-Universitaet Göttingen(ドイツ)、Universita’ degli Studi di Roma Tor Vergata(イタリア)、University College London(イギリス)、Cisco Systems France Sarl(フランス)、Ericsson AB(スウェーデン)、Institut de Recherche Technologique SystemX(フランス)))

・Project has achieved most of its objectives and milestones for the period with relatively minor deviations.
評価
ランク表
・Project has fully achieved its objectives and milestones for the period.
・Project has achieved most of its objectives and milestones for the period with relatively minor deviations.
・Project has achieved some of its objectives and milestones; however, corrective action will be required.
・Project has failed to achieve critical objectives and/or milestones and/or is severely delayed.
・Project has delivered exceptional results with significant immediate or potential impact (even if not all objectives mentioned in the Annex 1 to the GA were achieved)