本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

国立研究開発法人情報通信研究機構 パーマネント研究技術職員公募
(平成31年4月1日採用)

  • 印刷

情報通信研究機構は、情報通信技術の研究開発を基礎から応⽤まで統合的な視点で推進することによって、豊かで安⼼・安全な社会の実現と、世界を先導する知的⽴国としてのわが国の発展に貢献する国立研究開発法人です。

当機構では、情報通信技術の研究開発推進のため、優秀で意欲のある研究技術者を年齢を問わず広く公募致します。国内はもとより外国籍の⽅も、また性別を問わず男性・⼥性とも積極的に採⽤を⾏っております。

  募集職種及び人員

以下6つの『技術分野』で、パーマネント研究技術職員として採用

採用予定人数は、パーマネント職員(研究職員※及び研究技術職員)、テニュアトラック研究員※ 
を合わせて十数名程度

※パーマネント研究職員及びテニュアトラック研究員は、研究員公募情報に掲載しております

  募集する技術分野

1. センシング基盤技術(リモートセンシング技術、宇宙環境計測技術、時空標準技術、電磁環境技術、衛星開発・設計技術など)

2. 統合ICT基盤分野(ネットワーク機器・計算機運用、通信・信号処理・計測技術など)

3. データ利活用基盤分野(大規模計算機基盤の構築・運用技術、脳機能計測技術など)

4. サイバーセキュリティ分野(セキュリティ対策技術、暗号・プライバシー保護技術、人材育成技術など)

5. フロンティア研究分野(半導体製造技術・製造設備保守など)

6. 横断的分野(IoT実証技術、データサイエンス技術、最先端ICT実証のためのテストベッド構築および保守運用管理など)

 

  期待される人物像(例)

日々進展する情報通信関連の新技術を修得・活用し、常に新しい高度な技術の実現にチャレンジすることにより、例えば下記のような業務において業績を挙げているような人物が期待される

l   ソフトウェア開発・デバイス開発・システム開発

l   実験システムの構築・運用および計測・分析・解析

l   データの生成とオープンな活用のための研究開発

l   大規模計算機基盤の最適なシステム構築や効率的運用技術

l   新技術の社会導入に向けたフィールド運用

l   技術とニーズのマッチングを取りながら最先端ICT実証を行うためのテストベッドのシステム構築と運用管理の高度化

l   計測評価機器・技術を統合的に管理/運用

l   組織的なノウハウの蓄積と継承・発展のための技術マネジメント

  勤務地

本部(東京都小金井市)
ユニバーサルコミュニケーション研究所(京都府相楽郡精華町)
未来ICT研究所(兵庫県神戸市)
脳情報通信融合研究センター(大阪府吹田市)
ワイヤレスネットワーク総合研究センター(神奈川県横須賀市)
北陸StarBED技術センター(石川県能美市)
その他、当機構の研究拠点

  応募資格

1. 国籍は問いません(面接は日本語または英語で実施)

2. 原則として平成31年4⽉1⽇に着任が可能な⽅

3. 企業・大学・研究機関等の組織にて高度な技術を要する業務に従事していた経験があることが望ましい

  採用に伴う留意事項

パーマネント職員として採用することから、以下の点につきご留意下さい
1. 機構内部において、企画立案業務・研究マネジメント業務・研究⽀援業務等に従事いただく場合があります
2. ⼀定期間において、政府機関、公益法⼈、⺠間企業などに出向いただく場合があります
3. 機構の国内外の事務所等へ転勤いただく場合があります

  処遇について

・⾝

 任期の定めのない研究技術職員として採⽤します(国家公務員ではありません 定年年齢は満60歳です)


・給与例

 ◎パーマネント研究技術職員

  ⽉額 232,760  (大学卒業者の初任給(研究員調整手当含))

  ⽉額 264,615  (⼤学院修士課程修了者の初任給(研究員調整手当含))

  ⽉額 309,810  (⼤学院博⼠課程修了者の初任給(研究員調整手当含))

 

  上記の他、次のような諸手当が支給されます

   ・扶養⼿当…… 扶養親族のあるものに支給。子月額10,000円等

   ・住居⼿当…… 借家(賃貸等)に住んでいる者等に、月額最大27,000

   ・通勤⼿当…… 交通機関を利用している者等に、定期券相当額(1箇月あたり最大55,000円)

   ・期末・勤勉⼿当(いわゆるボーナス)…… 年間約4.4月分(平成29年度実績)

   ・その他該当の場合、超過勤務手当、資格手当、研究員特別手当、特殊勤務手当等が支給されます

   ※本給月額(いわゆる基本給)は、学歴や職歴・研究経歴などを考慮の上決定し、当機構の研究技術
    職本給表を適⽤します

   ※平成30年4⽉1⽇時点における初任給のおおよその⾦額を掲げたものです。
   ※給与の詳細については、
国立研究開発法人情報通信研究機構の職員の給与の支給の基準(PDF)を
         ご参照ください

・勤務時間等

  1.「週休2⽇制」のフルタイム勤務(週平均37時間30/原則としてフレックスタイム制)

  2. 年次有給休暇/1年にあたり20日(初年度「4/112/31」は15日)

  3. その他、各種有給の特別休暇 有

  4. 育児・介護休業制度 有

 より詳細な内容につきましては、お問い合わせください

 

・社会保険

  1. 健康保険:総務省共済組合

  2. 年  金:厚生年金

  3. 労働保険:雇⽤保険、労働災害保険

 

・その他

  選考においては、技術分野での専門性を重視しますが、プロジェクトの推進・管理や人材育成など
  マネジメントへの意欲も加味します
 若手や女性の採用も積極的に行います


処遇についての資料

  採用時期

 原則として、平成31年4月1日 (応相談)

  採用された場合の赴任旅費

当機構の規程に基づき、実費を支給します

  応募締め切り日

平成30年4月13日(金) 17:00必着のこと(厳守)

  応募書類及び提出方法

・応募書類

  1. 訪問票 (指定様式  下部からダウンロードしてください )
    ※必ず指定様式にて提出すること (顔写真添付) 
  2. 職務経歴書 (要約含む)
  3. 主要な業績等 (大きなプロジェクトの推進に自身の技術を活かした経験、新しい技術にチャレンジし貢献してきた経験、またこれまで獲得した知識・経験・スキル等を様式自由でアピール)
  4. 保有する資格・免許・特殊技能等
・提出方法
      応募書類は、応募締め切り日までに下記の宛先へ郵送または宅配便等で必着となるよう
      お送りください
       (封筒に「平成31年度採用  NICT研究技術職員  応募書類在中」と必ず朱書きのこと)
 なお、
  ・ 締め切り日を過ぎて配達されたもの
  ・ 電子メールにより送付された応募書類
  ・ 書類不足など、不備のあるもの
  は、受付いたしかねますのでご注意ください

 ※応募書類は書面による提出(郵送・宅配便等)のみ受付とし、メールによる提出は受付けません

訪問票(指定様式:研究技術職員用)

  選考手順について(概要)

1.応募書類の受付・書類選考の実施
  応募締め切り日以降に、書類選考を実施し、通過された方へメールで幹部面接の日程を連絡します  

2.役員等による幹部面接(最終選考)の実施(本部)
  書類選考を通過された方について当機構役員等による幹部面接(最終選考)を実施します
  面接実施の際は、別途「プレゼン資料」を提出していただくこととなります
    プレゼン資料:電子データ(パワーポイント)での提出
                       提出後の差し替えやPC・追加資料の持ち込みは不可
                        内容は10分程度で容量10MBまで        
  
   書類選考後、幹部⾯接(7⽉下旬予定)の実施を予定しています
 
なお、⾯接等に際し発⽣する交通費等の経費につきましては、当機構では負担いたしません
 

  個人情報の取り扱い等

本公募への応募の際ご提出いただいた書類は、適正に管理を行ない、採用目的のみに使用します
なお、不採用となった場合応募書類の返却はいたしません、選考終了後速やかに廃棄処理いたします



提出・問い合わせ先

〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4-2-1
国立研究開発法人 情報通信研究機構
総務部人事室 人事グループ  採用担当宛

Tel:042-327-7304 FAX:042-327-7590 
E-mail: