本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

フォトニックネットワークシステム研究室

  • 印刷
2016年4月1日

トピックス

ECOC2014(9/21-25@ Cannes)におきまして,研究成果(一般講演7件)を発表します.

P.4.5."0.73-W EXTREMELY LOW-POWER-CONSUMPTION OPTICAL AMPLIFIER REPEATER FOR 10G-EPON SYSTEMS"
 Satoshi Shimizu1, Susumu Kinoshita2, Ken-ichi Kitayama3;
1 NICT, Japan; 2 Fujitsu Lab. Japan; 3 Osaka Univ. Japan.

Mo.3.3.5. "Single Parity Check Multi-Core Modulation for Power Efficient Spatial Super-channels"
 Benjamin J. Puttnam1, José Manuel Delgado-Mendinueta1, Ruben S. Luís1, Tobias Eriksson2, Yoshinari Awaji1, Naoya Wada1, Erik Agrell2;
1 NICT, Japan; 2 Chalmers University, Sweden.

We.1.5.1. "High Frequency-Granularity and Format Independent Optical Channel Defragmentation for Flexible Optical Networks"
 Satoshi Shimizu1, Gabriella Cincotti2, Naoya Wada1;
1 NICT, Japan; 2 University Roma Tre, Italy.

We.1.5.6. "Development of Carrier-Phase Synchronization Swapper for Space-Division Multiplexed Self-homodyne Optical Networks"
 Jun Sakaguchi, Yoshinari Awaji, Naoya Wada;
NICT, Japan.


We.3.5.4. "Operation of a 12.8 Tbit/s DWDM Polarization Division Multiplexing 16-QAM Optical Packet Switching Nodeafter 50-km of Fiber Transmission"
 Satoshi Shinada, José Manuel Delgado-Mendinueta, Ruben Luís, Naoya Wada;
NICT, Japan.


Th.2.2.4. "Openflow-controlled Optical Packet Switching Network with Advanced Handling of Network Dynamics"
 Xiaoyuan Cao1, Noboru Yoshikane1
, Takehiro Tsuritani1, Itsuro Morita1, Takaya Miyazawa2, Naoya Wada2;
1 KDDI R&D Laboratories, Japan; 2 NICT, Japan.

P.2.18. "Pump-Linewidth-Tolerant Optical Data Exchange between 16QAM and QPSK with 50-GHz Channel-Spacing using Coherent DFB Pump"
 André Albuquergue1, Benjamin J Puttnam2, Takahide Sakamoto2, Miguel Drummond1, Ro
gério Nogueira1, Atsushi Kanno2, Satoshi Shinada2, Naoya Wada2, Tetsuya Kaqwanishi2;
1 Univ. Aveiro, Portugal; 2 NICT, Japan.


OFC2014 (3/9-13 @ San Francisco) におきまして,研究成果(一般講演3件)を発表します.
 
W2A.19. "Demonstration and Network Scalability Analysis of 8-Fiber-Delay-Line SOA-Based Optical Buffer Embedded Optical Packet Switching"
 H. Furukawa, S. Shinada, T. Miyazawa, T. Hirayama, N. Wada, H. Harai; NICT, Japan. ;
NICT, Japan.
 
W2A.57. "Smooth Quick-in and Fade-out Operations-enabled Emergency Optical Networks for Disaster Recovery"
 S. Xu1, M. Shiraiwa1, N. Yoshikane2, T. Tsuritani2, H. Harai1, Y. Awaji1, N. Wada1;
1 NICT, Japan; 2 KDDI R&D Laboratories, Japan.
 
W3B.3. "Over 10-Tbit/s/port Optical Packet Switching using Polarization-Multiplexed DWDM/16-QAM packets"
 S. Shinada, Jose D. Mendinueta, N. Wada;
NICT, Japan.
 

研究概要

新世代ネットワークの物理層を構築するため,従来方式の機能・容量・効率の各限界を打ち破るフォトニックネットワークシステム技術の研究開発を行います。
・物理フォーマット無依存ネットワークシステム技術
・マルチコアファイバーとそのネットワーク応用技術
・大規模複雑システムとしてのナノ光電子系に学ぶ情報ネットワーク設計制御技術

研究紹介(準備中)

物理フォーマット無依存ネットワークシステム技術

・光パケットスイッチング技術
・多値変調技術
・OCDMA技術
・PSA信号処理技術
 

マルチコアファイバーとそのネットワーク応用技術

・マルチコアファイバ伝送技術
・マルチモード伝送技術
 

大規模複雑システムとしてのナノ光電子系に学ぶ情報ネットワーク設計制御技術

共同研究

産学と連携して,共同研究を行っています.

メンバー

研究発表

連絡先・お問い合わせ

〒184-8795
東京都小金井市貫井北町4-2-1
国立研究開発法人 情報通信研究機構
ネットワークシステム研究所
フォトニックネットワークシステム研究室  

ネットワークシステム研究所