本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

世界初、アジア諸国をインターネットで結ぶ音声翻訳システムを実現

〜 旅行会話を中心としたアジア8言語間携帯型音声翻訳システムを実現 〜

  • 印刷
2009年7月29日

独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」という。理事長:宮原 秀夫)のMASTARプロジェクト(プロジェクトリーダ:中村 哲)は、音声翻訳の多言語展開を目指しASTAPにおいて音声翻訳を構成する機能モジュールをインターネットで相互接続するための標準化を進めてきました。この度、アジア音声翻訳先端研究コンソーシアム(以下「A-STARコンソーシアム」という。代表:NICT)と共同で、ネットワーク型音声翻訳システムの開発に世界で初めて成功しました。今回は、アジア圏での旅行会話を対象に、8言語間の音声翻訳の接続実験を行います。対応言語は、日本語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語、マレーシア語、ベトナム語、ヒンディー語、英語で、地名などの固有名詞を含んだ旅行会話にも対応しており、今後、対象言語を、さらに拡張することが可能です。

背景

現在、NICTでは、内閣府、総務省と共同で社会還元加速プロジェクト「言語の壁を越える音声コミュニケーション」の一つである音声翻訳技術の研究開発を進めています。その一環として、ASTAPにおいて音声翻訳を構成する機能モジュールをインターネットで相互接続するための標準化を進めてきました。今回、A-STARコンソーシアムと共同で、標準化案に従ってアジア8カ国言語間の音声翻訳を可能にするネットワーク型音声翻訳システムの開発に世界で初めて成功しました。

今回の成果

本システムでは、現在NICTが開発している音声翻訳用STMLウェブサーバを介し8カ国の研究機関が音声認識、機械翻訳、音声合成といった音声言語の要素技術をインターネット上で提供します。これまでNICTが開発した音声翻訳システムでは、対象言語が日本語、英語、中国語に限定されていましたが、A-STARコンソーシアムとの共同開発により対象言語がアジア圏に拡大されました。ユーザーが利用するアプリケーションは携帯型モバイル端末にインストールされているため、誰でもどこからでも簡単に利用でき、最大4人のユーザーが同時に音声翻訳を使って会話できます。また、基本的な旅行会話文に加えて、アジア諸国の観光名所等の固有名詞にも、8カ国語間の音声翻訳対応をしています。

今後の展望

今後は、ASTAPのSNLP専門委員会(EG)における標準化を進め、さらに多言語展開を進めます。

アジア音声翻訳先端研究コンソーシアム(A-STAR)参加メンバー

アジア音声翻訳先端研究コンソーシアム(A-STAR)参加メンバー
図1:アジア音声翻訳先端研究コンソーシアム(A-STAR)参加メンバー

サーバーリストとクライアント側ユーザーインタフェース

サーバーリストとクライアント側ユーザーインタフェース
図2:サーバーリストとクライアント側ユーザーインタフェース

ネットワーク型音声翻訳システム
〜 複数ユーザーがぢこからでも同時にそれぞれ別のアジア言語でコミュニケーションをとることが可能に 〜

図3-a:ネットワーク型音声翻訳システム イメージ図
図3-a:ネットワーク型音声翻訳システム イメージ図

ネットワーク型音声翻訳システム
〜 複数ユーザーがぢこからでも同時にそれぞれ別のアジア言語でコミュニケーションをとることが可能に 〜

図3-b:ネットワーク型音声翻訳システム イメージ図
図3-b:ネットワーク型音声翻訳システム イメージ図 
いずれも『どこがいちばんよかったですか』の意

クライアント端末と翻訳サーバー間の相互作用

図4:クライアント端末と翻訳サーバ間の相互作用
図4:クライアント端末と翻訳サーバ間の相互作用





本件に関する 問い合わせ先

知識創成コミュニケーション研究センター
音声コミュニケーショングループ
中村 哲 上席研究員

Tel: 0774-95-1370
E-mail:

広報関係 お問い合わせ先

総合企画部 広報室
報道担当 廣田 幸子

Tel: 042-327-6923
Fax: 042-327-7587
E-mail : publicity@nict.go.jp