本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

平成24年度 チャレンジド向け通信・放送役務提供・開発推進助成金の交付決定

- 吃音克服訓練支援SaaSや障害者への電話対応クラウドサービスの開発・提供など7件採択 -

  • 印刷
2012年6月18日

独立行政法人 情報通信研究機構(理事長:宮原 秀夫)は、平成24年度の「チャレンジド向け通信・放送役務提供・開発推進助成金(注)」の助成対象事業を決定しましたので、下記のとおり、その結果をお知らせします。


(注) 身体上の障害のため通信・放送役務を利用するのに支障のある者が、当該通信・放送役務を円滑に利用できるようにすることを目的として、身体障害者(以下「チャレンジド」という。)の利便の増進に著しく寄与する通信・放送役務を提供し、又は開発する業務を行う民間企業等に対して、その業務に必要な資金の一部を助成するもので、平成13年度から実施しています。



1. 交付決定の状況
  助成対象事業の公募に対し10件の申請があり、外部有識者からなる評価委員会の評価を経て、7件(新規3件、継続4件)を交付決定しました。(別紙1のとおり)
(新規)
○モバイル型情報保障サービス(e-ミミ)
○障害者用インターネット利用環境オーダーメイド&オンラインサポートサービス提供
○ユニバーサル社会を実現する電話対応クラウドサービスの開発・提供
2. 交付決定総額
  65,028,000円
3. 助成対象事業の概要
  別紙2(PDF)
4. 関連報道資料
  平成24年度チャレンジド向け通信・放送役務提供・開発推進助成金(情報バリアフリー事業助成金)の助成対象事業の公募について(平成24年3月12日から公募開始)
http://www.nict.go.jp/press/2012/03/12-1.html


別紙1

事業の名称 事業者名 所在地
1 モバイル型情報保障サービス(e-ミミ) 株式会社アイセック・ジャパン 沖縄県
2 吃音症状をもつ方のための吃音克服訓練支援SaaSの開発および提供 株式会社アニモ 神奈川県
3 障害者用インターネット利用環境オーダーメイド&オンラインサポートサービス提供 イデア・フロント株式会社 東京都
4 聴覚障害者向けリアルタイム字幕配信役務の提供 NPO法人シーエス障害者放送統一機構 大阪府
5 ユニバーサル社会を実現する電話対応クラウドサービスの開発・提供 株式会社パステルラボ 石川県
6 聴覚障がい者の為の代理電話サービスと遠隔手話・文字通訳の役務提供 株式会社プラスヴォイス 宮城県
7 インターネットを利用したDVD等の視聴覚障害者用字幕、手話、音声ガイドの提供 NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター 埼玉県

    は新規 
(事業者名・五十音順)

本件に関する 問い合わせ先

産業振興部門 情報バリアフリー推進室

笠木 繁樹、前田 哲男
Tel:042-327-6022
Fax:042-327-5708
E-mail:

広報 問い合わせ先

広報部 報道担当

廣田 幸子
Tel:042-327-6923
Fax:042-327-7587
E-mail: