本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

刻々と変わるSNSの情報をリアルタイムに平易な質問で分析・検索

~対災害SNS情報分析システム「DISAANA」のリアルタイム版を試験公開~

  • 印刷
2015年4月8日

国立研究開発法人 情報通信研究機構

ポイント

    • Twitterの災害関連情報の投稿をリアルタイムに自動分析し、検索できるシステムを公開
    • パソコンのWebブラウザからの利用に加えて、スマートフォンにも対応
    • DISAANAリアルタイム版公開サイト   http://disaana.jp 
       
NICTは、耐災害ICT研究センター及びユニバーサルコミュニケーション研究所において開発を行っている対災害SNS情報分析システム「DISAANA(ディサーナ)」(DISAster information ANAlyzer)のリアルタイム版を4月8日(水)からWeb上に試験公開します。DISAANAは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)Twitterに投稿された情報をリアルタイムに分析し、「大雪が降っているのはどこ?」「孤立しているのはどこ?」「京都で交通事故が発生しているのはどこ?」といった質問に対する回答の候補を与え、一般の方々が、今まさに起きている災害の情報を簡単に入手できるシステムです。本システムは、パソコンのWebブラウザからの使用(パソコン版)に加えて、スマートフォン等にも対応しました。DISAANAリアルタイム版は、http://disaana.jpにて、ご利用いただけます。

背景

東日本大震災では、Twitter等のSNS上に有用な情報が投稿される一方で、それらの情報を利活用できる分析・検索手段が十分ではなく、必要な情報を得ることは容易ではありませんでした。そこで、NICTは、これらのSNS上に存在する有用な災害情報を迅速に分析し、被災者はもとより、復旧、救援活動等に対しても有用な情報を提供できるシステムを研究開発してきました。昨年11月には、東日本大震災直後の1ヶ月間の日本語の全投稿(ツイート)約6.5億件を対象に、対災害SNS情報分析システム「DISAANA」をWeb上に試験公開しました。

今回の成果
DISAANA mobileの表示例

DISAANA mobileの表示例
[画像クリックで拡大表示]

このたび、NICTは、現在流れているツイートをリアルタイムに分析して、入力された質問の回答候補を与えるリアルタイム版の分析・検索システムをWeb上に試験公開します。これは、SNS上にあふれる膨大な災害関連情報に対して、平易な質問を入力するだけで有用な情報をリアルタイムで分析し、その検索を可能とし、容易に回答を得ることのできるシステムです。
例えば、大雪に関する情報を取得するために、「どこで大雪が発生していますか?」「どこで孤立していますか?」という質問を入力すると、様々な表現の違いを考慮して回答候補を幅広く抽出し、また、それを地図上あるいはカテゴリ別にリストとしてわかりやすく表示します(図2及び図3参照)。
なお、このシステムは、現在流通しているツイートをリアルタイムで取得し、その分析結果を最長4日間保持します。
さらに、DISAANAリアルタイム版では、スマートフォンでの動作に対応しました(DISAANA mobile)。特別なソフトウェアは必要なく、スマートフォンのブラウザからアクセスすると、スマートフォンに最適化されたページを表示します。タブレット端末からも同様に利用可能です。DISAANA mobileでは、パソコン版と同様の機能に加え、GPS情報が利用可能な場合は、現在地周辺の災害関連情報をボタン一つで抽出して表示する機能もあります。また、デマ情報に対処するため、デマとの指摘や矛盾する情報がある回答候補には、特別にマークを付与して表示します(図5参照)。

今後の展望

今後は、自治体等の協力の下、DISAANAを用いて、災害時を想定した実証実験を行い、実際の災害時における運用上の問題等を明らかにするとともに、更なる機能追加や使い勝手の向上を図ってまいります。



補足資料

今回公開されるDISAANAリアルタイム版について

今回試験公開するシステムでは、Twitterに投稿された日本語ツイートをリアルタイムに取得、分析し、その結果を最大4日間保持します。このデータに対して自由に質問をし、回答候補を取得することができます。例えば、大雪に関する情報を取得するために、「どこで大雪が発生していますか?」「どこで孤立していますか?」という質問を入力すると、様々な表現の違いを考慮して回答候補を幅広く抽出し、それを地図上あるいはカテゴリ別にリストとしてわかりやすく表示します。
なお、DISAANAはまだ開発中のため、冗談、いたずら等のツイートから災害の発生を回答候補として提示する場合などもあります。実際の避難、救援でお使いの場合は、必ず回答候補が抽出されたオリジナルのツイートをご確認の上、ご活用ください。また、システムの保守、拡張のため、予告なく停止する場合もありますので、ご了承ください。
図1に、DISAANAリアルタイム版におけるツイートからDISAANAでの結果の確認までを示します。

図1:DISAANAリアルタイム版でのツイートからDISAANA mobile上での表示までの例
図1:ISAANAリアルタイム版でのツイートからDISAANA mobile上での表示までの例 [画像クリックで拡大表示]

また、GPS情報が利用可能な端末からDISAANA mobile を使用する場合は、ボタン一つで現在地周辺の災害関連情報をカテゴリごとに整理して表示します(図2参照)。

図2:DISAANA mobileで現在地周辺ボタンから結果が表示されるまでの例
図2:DISAANA mobileで現在地周辺ボタンから結果が表示されるまでの例 [画像クリックで拡大表示]

DISAANA mobileでも、パソコン版と同様に、自由に質問を入力してその回答候補を得ることができます。結果は、まず、カテゴリごとに整理して表示されます。地図上に、各回答候補、カテゴリごと、あるいは全カテゴリを表示することもできます。地図上で被災状況等を確認することで、全体像をつかみやすくなります(図3参照)。このような機能によって、避難に際しての場所、方向、手段といった点の意志決定に役立つ情報を提供できると考えています。

図3:DISAANA mobileで質問を入力して検索した場合に地図表示する例
図3:DISAANA mobileで質問を入力して検索した場合に地図表示する例 [画像クリックで拡大表示]

さらに、様々な質問を入力した場合の動作例を図4に例示します。

図4:DISAANA mobileに様々な質問を入力した場合の動作例
図4:DISAANA mobileに様々な質問を入力した場合の動作例 [画像クリックで拡大表示]

DISAANAでは、デマ情報に対応するため、情報の信ぴょう性の判断材料として、矛盾する内容のツイートも同時に検索します。矛盾する内容が検索された回答候補には特別なマークを付けて出力します。PC版ではというマークを回答候補に付け、DISAANA mobile ではというマークを付けて出力します。それぞれのマークが付いた回答候補を押してオリジナルのツイートを確認して、情報の信ぴょう性を判断します。図5では、東日本大震災試用版において、「千葉の石油コンビナートで何が発生している?」と質問した際のDISAANA mobile とパソコン版でのそれぞれの出力を示しています。

[画像クリックで拡大表示]
図5:DISAANA mobile(上)及びパソコン版(下)におけるデマ情報の表示例
図5:DISAANA mobile(上)及びパソコン版(下)におけるデマ情報の表示例 [画像クリックで拡大表示]


* Twitterは、Twitter,Inc.の商標又は登録商標です。
* その他、各会社名、各製品名及びサービス名などは、各社の商標又は登録商標です。



用語解説

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)

インターネット上の交流を通して社会的ネットワークを構築するサービス全般を指す。代表的なSNSとして、Twitter、mixi、GREE、Mobage、Ameba、Facebook、Google+、Myspace、LinkedIn、LINEがある。

Twitter

140文字以内の「ツイート」と称する短文を投稿できる情報サービスで、Twitter社によって提供されている。

昨年11月5日に試験公開された「DISAANA」(東日本大震災直後のデータを利用)

平成26年11月5日報道発表 (http://www.nict.go.jp/press/2014/11/05-1.html
パソコンのブラウザのみに対応。リアルタイム版の試験公開開始と同時に終了。

実際に大規模災害が発生した状況でのDISAANAの動作を試すために、リアルタイム版の試験公開開始と同時に、東日本大震災直後1週間のデータを用いたバージョン(DISAANA 東日本大震災試用版)を http://disaana.jp/GEJE/ にて試験公開中。
リアルタイム版同様に、パソコンからの利用に加えて、スマートフォンやタブレット端末からの利用に対応。



本件に関する 問い合わせ先

耐災害ICT研究センター
情報配信基盤研究室

大竹 清敬
Tel: 0774-98-6329
E-mail:

広報

広報部 報道担当

廣田 幸子
Tel: 042-327-6923
Fax: 042-327-7587
E-mail: