本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

世界初、量子鍵配送・スマートフォンを用いた認証・データ保存システムの開発に成功

~安全な鍵をスマートフォンに転送、重要情報へのアクセス権の設定、安全な情報保存を可能に~

  • 印刷
2014年6月4日

 

  • 量子暗号技術とスマートフォンを組み合わせた、個人データの効率的・安全な管理システムを開発
  • スマートフォンに個人認証用の鍵などを保存することで、個人データアクセス権の厳格な管理が可能
  • 医療機関での電子カルテなどへの応用が期待
独立行政法人 情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長: 坂内 正夫)は、量子鍵配送装置からの安全な鍵(共通乱数)をスマートフォンに転送・保存することで、個人データへのアクセス権の設定とデータの安全な保存を可能とするシステムの開発に世界で初めて成功しました。本技術の開発により、従来、量子鍵配送で実現していた伝送路上での情報理論的に安全な通信だけでなく、データ管理においても高い安全性を確保することが可能になりました。例えば、クラウド上のデータ・サーバに保存された電子カルテなど高度に秘匿すべき個人データを、スマートフォンに転送した鍵で暗号化・復号化することにより、高度に秘匿すべき個人データへのアクセス権を容易に設定でき、本人の承認なしに個人データが閲覧されることがない重要データの効率的かつ安全な管理が可能になります。
 
<用語解説補足>
情報理論的安全性:
情報理論における符号化の概念に基づいて保証される暗号解読の安全性についての概念で、どのような計算機を用いたとしても暗号文と公開情報から復号に必要な鍵を推定できないような安全性を指す。
 

上記以外の詳細説明資料、背景、今回の成果、今後の展望、 補足資料(用語 解説)、雑誌論文などの詳細は
URL:http://www.nict.go.jp/press/2014/06/04-1.html
を参照ください。

報道発表
【新聞】
掲載日 掲載紙 紙面 掲載内容
6月9日 電経新聞 4
NICT 量子鍵を応用しデータの不正アクセスを防止
6月9日 電波タイムズ 1
スマホに転送した鍵で暗号化 NICT 個人データのアクセス権を容易に設定
【Web】
サイト名 タイトル/ URL
Economic News

量子暗号とスマホを組み合わせた個人データ管理システム NICTが開発

マイナビニュース

量子鍵とスマホで安全データ保存開発

IT Home Online(台湾)

日本NICT結合量子密碼和智慧型手機確保個資安全

MdN Design Interactive

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせたデータ保存システム

マイナビニュース

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた安全なデータ保存システム

RBB Today

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた個人認証システムを開発

@nifty / 財経新聞

NICT、量子暗号とスマートフォンを組み合わせたセキュリティシステムを世界で初開発

Biglobeニュース

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた個人認証システムを開発

日経プレスリリース

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた個人データの効率的・安全な管理システムを開発

共同通信PRワイヤー

世界初、量子鍵配送・スマートフォンを用いた認証・データ保存システムの開発に成功