本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

情報配信基盤研究室

  • English
  • 印刷

このページは旧組織のページです。

研究概要

災害時にも適切かつ迅速な状況把握を支援する情報配信基盤の実現
東日本大震災では、国民が災害時に迅速かつ正確に状況を把握することが大変難しいという教訓を得ました。また、現地に入った支援団体等からのヒアリングによれば、救援活動、復興支援においても、情報共有が柔軟に進められず、多くの問題が生じています。本研究では災害時に発生する大量の災害関連情報を収集し、これまで培ってきた情報分析技術を用いて、より適切な状況把握・判断を行うための情報を提供できる情報配信基盤技術を研究開発を行います。

到達目標

耐災害ICT研究センターに設置するクラスタ等を利用して、災害対応情報分析システムを平成26年度に一般公開します。具体的には、NICTの有する質問応答システム「一休」、情報分析システム「WISDOM」、東北大学の有する「言論マップ」の技術を統合し、災害時の情報の効率的な把握、整理を可能とし、また、ユーザが多角的な観点から情報の質を判断し、結果として災害時/後の風評被害を抑制できる情報分析システムを開発し、稼働させます。また、耐災害ICT研究センターのクラスタを大学等の研究チームにも利活用していただき、災害対応の情報分析技術を開発するための幅広い研究協力体制を確立します。