本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

応用領域研究室[ワイヤレス通信応用プロジェクト]

災害に強いワイヤレスネットワークの研究開発

  • 印刷
■概要

応用領域研究室のワイヤレス通信応用プロジェクトでは、災害に強いワイヤレスネットワークシステムを実現するため、広範囲に分散配置された無線端末が自律的に協調動作する無線メッシュネットワーク技術や、通信衛星や自動車、航空機等といった移動体上のワイヤレスシステムを含む、より広範囲で通信の断絶が起きにくい“柔軟な”ワイヤレスネットワークを実現するための技術を研究しています。

■到達目標

  • 無線メッシュネットワークの一部が機能を停止しても、ネットワークの残存部分や衛星系システム・移動無線局との連携によってネットワーク機能が最大限維持されることで、通信ができない地域をできるだけ少なくする技術や、災害時を想定したアプリケーションを開発して確実に動作することを実証します。
  • 大規模災害が起こった際、取扱いが容易で確実に動作する衛星通信システムを実現するため、フルオートの可搬型地球局や車載地球局を開発し、これらを使った実証実験を行うと共に、関連技術の研究開発を実施します。
  • 急激なトラヒック増加に対して、限られた通信インフラの輻輳制御は大きな課題であることから、トラヒックが増加しても衛星系と地上系通信システムが柔軟に連携動作する無線メッシュネットワークシステムを構築します。

[画像クリックで拡大表示]
■和歌山県白浜町における地域実証実験
白浜町に設置したメッシュネットワーク
白浜町に設置したメッシュネットワーク
[画像クリックで拡大表示]

開発したメッシュネットワークシステムを和歌山県の白浜町に設置し、和歌山県の情報ハイウェイである「きのくにe-ねっと」にも接続して、通信ネットワークとしての性能実証実験を実施しています。本システムは、高機能な無線設備である「情報通信ステーション」を網の目状につないで構成し、特定箇所に通信が集中しにくく、回線の切断や、設備の一部が損壊しても残りの設備で通信を維持できるものとなっています。白良浜、千畳敷、南方熊楠記念館付近、白浜町役場の4か所にはWi-Fiエリアを設けてインターネット接続が可能となっており、災害時においては、「情報通信ステーション」が避難所などの重要情報をウェブ上へ提供し、平時においてはサイネージによる地域情報配信、観光客/住民へのインターネットアクセス、カメラや各種センサーによる監視、弱者見守りなど社会基盤の要としての多目的な利用を目指しています。

■通信衛星用可搬型地球局/車載地球局

東日本大震災の教訓から、普段は自治体ネットワークやバックアップ回線として活用されている衛星回線を、災害時に通信途絶を回避する目的で活用するため、専門技術者の不要なフルオート可搬型地球局と、緊急対応組織自らが移動しながら最新の被害状況をリアルタイムで収集・伝送できる車載地球局を開発し、自治体が開催する防災訓練等に参加してこれらの有効性を確認する実証実験を実施しています。

小型車載地球局(衛星追尾機能により走行しながら24Mbpsでの衛星通信が可能)
小型車載地球局
衛星追尾機能により走行しながら24Mbpsでの衛星通信が可能
大型車載地球局(開口径2.4m、175Wクラスの電力増幅器を搭載し、155Mbpsの大容量通信が可能)
大型車載地球局
開口径2.4m、175Wクラスの電力増幅器を搭載し、155Mbpsの大容量通信が可能
フルオート可搬型地球局(専門技術者がいなくても全自動で衛星の捕捉が可能)
フルオート可搬型地球局
専門技術者がいなくても全自動で衛星の捕捉が可能