本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

超臨場感映像研究室

  • 印刷

研究概要

革新的な3次元(立体)映像技術により超臨場感コミュニケーションを実現することを目指して、電子ホログラフィ技術、多視点立体映像技術の研究開発を進めています。

電子ホログラフィ技術

電子ホログラフィは、忠実に立体動画像を表示できる究極の立体映像技術として期待されています。しかし実現に向けては多くの困難な課題があります。特に重要な課題である視域角(立体像が見える角度範囲)や立体像表示サイズの拡大に取り組み、15度という広い視域角で対角4cm のカラー動画表示可能な技術を世界で初めて開発しました。また、リアルタイム撮像技術も開発しています。今後もさらに性能向上を目指して研究を進めます。

多視点立体映像技術

臨場感あふれるコミュニケーションの実現を目指し,特殊な眼鏡を必要としない超多視点の裸眼立体映像技術の研究を行っています。これまで200インチ大型裸眼立体ディスプレイやテーブルトップ型立体ディスプレイなどの新しい立体表示技術を開発しました。今後は,立体映像の撮影や伝送技術を開発するとともに,実用化に向けた実証実験などを通して改善を進め,より豊かなコミュニケーションを可能とする技術を開発していきます。