本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

フレアやCMEのシグナル-太陽電波バースト

  • 印刷

太陽フレアやCMEの発生は、同時に強い電波放射を引き起こします。この電波放射は、太陽電波バーストと呼ばれています。非常に強い太陽電波バーストは、GPS衛星からの測位信号を受信する際のノイズとなり、GPS衛星を使った測位に影響を与えることがあります。一方で、太陽電波バーストは、CMEの発生や、太陽近傍での衝撃波の形成、それらの伝搬速度などを知る手がかりにもなり、宇宙天気予報のための重要な観測データのひとつとなっています。現在、情報通信研究機構では、観測できる周波数範囲が異なる3基のアンテナを用いて、太陽電波バーストを観測し、太陽フレアやCMEの発生のモニタリングを行っています。太陽電波バーストの観測データは、太陽フレアやCMEの発生や伝搬の研究にも役立てられています。