本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

登録特許情報の一覧

  • 印刷
2021年11月18日

新たに登録になった特許を順次公開しています。

音声対話装置、サーバ装置、音声対話方法、音声処理方法およびプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6819988(2021年1月6日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 2以上の異なる言語により発声された入力音声に対し、その発話の始端から終端までを検出して該当区間の音声データを取得し、入力音声の言語を識別する言語識別子を取得して、入力音声と言語識別子に応じて音声認識結果であるテキストを生成し、そのテキストと言語識別子とを入力し、前回とは言語識別子が変わっても対話の履歴は維持する一方で、言語識別子に応じて異なる内容の出力文を生成し、出力文と言語識別子に応じて音声波形を生成する。その音声波形に応じた音声を出力する音声対話装置により、複数の言語による音声対話を支援する。

対話システム及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6819990(2021年1月6日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 対話システムは、ユーザからの入力文を受け、入力文に含まれる表現を用いた質問を生成し、生成された質問を質問・応答システムに入力し、当該質問に対する回答を質問・応答システムから取得する。その回答に基づいて、入力文に対する出力文を生成する。前記によりトピックにかかわらずユーザとの自然な対話を行うことができる。

立体画像制作支援装置
 登録番号
-------------
 概要
6826278(2021年1月19日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 視域上の特定の位置に存在する観察者が視認することができ、かつ視域上の他の位置に存在する観察者の視認が制限される立体画像を簡単な処理で作成することを可能にする立体画像制作支援装置。スクリーンの形状、視域の形状及び視域とスクリーンとの相対的な位置関係を示す情報を取得し、その情報に基づいて、立体ディスプレイにより提示される立体画像が視域上の任意の位置において観察されるために立体画像を配置すべき共有領域が作成される。

脳律動周波数変調装置
 登録番号
-------------
 概要
6841405(2021年2月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 脳律動周波数(α波、β波など)を所望の周波数に変化させるための装置。コントロール信号発生器と振幅変調電気刺激装置から構成され、前者に所望の周波数を入力すると電流刺激の波形が計算され、その波形が後者に送られて電流刺激を発生させる。

間隔制御型光コム
 登録番号
-------------
 概要
6841408(2021年2月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 多並列型光変調器を用いて、その駆動信号周波数とは異なる光周波数間隔を持つ光コム信号を発生できる、高周波数間隔型光コム発生器/超短光パルス発生器。数10~数100GHzの光周波数間隔を持つ光コム発生が可能。

無線通信システム及び方法
 登録番号
-------------
 概要
6841413(2021年2月22日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 OFDMA技術が導入されるIEEE802.11無線LANシステムにおいて、効率的にMUアクセスができ、ネットワークQoS制御を確保することを可能にし、高密度に配置された無線LANシステムのパフォーマンスを改善する。

要約生成装置、要約生成方法及びコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6842167(2021年2月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 本発明は、テキスト中に出現する社会問題などの多様な問題記述を自動的に検出し、さらにその検出した問題記述に対して、自動的にコンパクトな要約結果を生成する技術である。問題記述の自動検出・要約技術は、Web文書集合などの大規模なテキスト集合から多様な問題の収集、ならびにその収集した結果への効率的なアクセスのための重要な要素技術となる。さらに、このようなテキスト中の特定の対象に関して自動要約を行う技術は、例えば、大規模情報分析システムWISDOMXのナゼ型質問の回答として得られたテキスト断片をコンパクトな自然言語の文に要約し、その要約結果を対話エージェントから発話させるといった応用など、幅広い利用が可能である。

ロボット監視制御システム
 登録番号
-------------
 概要
6852864(2021年3月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ロボットを制御し、かつロボットの状態を監視するための無線通信方式に関する。蔽物による減衰や距離減衰が大きい場合などに、あらかじめ同期しておいた他の制御装置やロボットの無線通信経路を経由して通信することで、無線通信の接続時間を増大させる。

物理乱数蒸留装置及び方法
 登録番号
-------------
 概要
6852882(2021年3月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 量子暗号通信に用いる。不完全な物理乱数から蒸留用行列を生成し、乱数を生成、その乱数を使って蒸留用行列を生成するというフィードバック機能を実装し、乱数性を自らの装置で高精度化できる。

学習装置、音声合成システムおよび音声合成方法
 登録番号
-------------
 概要
6860901(2021年3月31日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 学習装置は、過去の信号系列および現在のコンテキストラベルから現在の信号を推定し、入力音声信号を分析して声道特徴を示す声道フィルタ係数を決定し、前記に基づいて予測される音声信号と入力音声信号との間の残差信号を出力し、その出力される残差信号を量子化して量子化残差信号を生成して、既知の入力テキストに対応する入力音声信号について、既知の入力テキストのコンテキストラベルを自己回帰モデルに対して条件として与えるとともに、入力音声信号についての量子化残差信号の過去の系列および現在のコンテキストラベルと、量子化残差信号の現在の信号とを対応付けることで自己回帰モデルの学習を実施する。これにより入力テキストに基づくコンテキストラベルから音声信号を直接的に推定する際の音声品質を高める。

無指向性小型平面アンテナ装置
 登録番号
-------------
 概要
6860906(2021年3月31日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 無指向性で水平だけでなく垂直偏波も有する小型アンテナ。両面に跨る折れ曲がり状のスロットを軸対称に形成し、プリント基板の中央からピン等により軸対称に給電した構造を有することで、軸周りに無指向性を実現する。

訓練用データ生成装置、最適パラメータ取得装置、訓練用データ生成方法、および最適パラメータ取得方法
 登録番号
-------------
 概要
6884945(2021年5月17日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 訓練用データ生成装置は、原文データおよび原文データに対応する対訳データから、訓練用データを生成する。訓練用データ生成装置により生成された訓練用データを用いて機械翻訳システムと語レベルの信頼度推定システムを最適化することにより、精度の高いタグ系列データを推定する。前記により、人手による処理を行うことなく効率良く訓練用データの作成を行うことができる。

音響モデルの学習装置及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6884946(2021年5月17日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 ニューラルネットワーク(NN)の特性を活かした音響モデルで、音声認識精度を高めることができる音響モデルの学習装置。学習装置は、学習データ内の観測系列が与えられたときの、学習データの正解サブワード列の事後確率の、学習データ全体に亘る和が最大となるように、NNによるConnectionist Temporal Classification音響モデル(CTC-AM)を最適化する。評価用データの観測系列が与えられたときに、CTC-AMと言語モデルとを用いて推定した単語列の仮説の精度を表す評価値の期待値が最大となるように、CTC-AMをさらに最適化する。

高速フォトディテクターアレー
 登録番号
-------------
 概要
6884948(2021年5月17日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光ファイバー有線・無線通信、ライダ一応用などを目的とする。高速に動作するフォトディテクターを2次元に配列させたことを特徴とし、マルチモード伝送、マルチコア伝送において大量のデータを瞬時に一括して受信することが可能となる。

対話システム及びそのためのコンピュータプログラム
 登録番号
-------------
 概要
6884947(2021年5月17日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 対話システムは、入力発話に対する応答発話原文を生成し、複数の感情の各々に対し、入力発話が表す感情と複数の感情とが合致する度合いを表す入力発話感情スコアを算出することにより入力発話の感情を推定して、応答発話原文に対し、複数の感情の各々に対する感情スコアである応答発話感情スコアを算出し、応答発話原文を、入力発話感情スコア及び応答発話感情スコアの値により定められる変換方法にしたがって変換して応答発話を生成し出力する。これにより簡便に、既存のシステムの応答発話選択・生成の仕組みを活かして、入力発話の感情に応じて適切な応答発話を生成できる。

ホログラム生成装置、ホログラム生成プログラムおよびホログラフィックプロジェクションシステム
 登録番号
-------------
 概要
6884949(2021年5月17日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 被写体からの光線をサンプリングする光線サンプリング面を設定してホログラムを計算するホログラム生成装置であって、光線情報取得変換手段、光線波面変換手段、干渉縞計算手段及び動作制御手段を備える構成とし、ホログラム生成に必要となるデータを、効率良くリアルタイムに生成する。

宇宙通信システム、通信システム
 登録番号
-------------
 概要
6888232(2021年5月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 地上のゲートウェイで無線周波数信号を電気-光変換で光無線周波数信号にして送信。人工衛星は、受光した光無線周波数信号についてRF帯のまま電気信号に変換することにより電気無線周波数信号を送信し、地上通信ネットワークが受信しRF帯からダウンコンバージョンする。人工衛星のRF帯の信号処理が不要のためコンパクトになる。

光制御デバイス及びその製造方法、光集積回路並びに電磁波検出装置
 登録番号
-------------
 概要
6888231(2021年5月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 小型・集積可能で高効率に動作し、外部温度変動に対して温度無依存な光制御素子のデバイス構造ならびにその製造方法。負の熱光学係数をもつ材料と、正の熱光学係数をもつ材料とをナノ領域で等しく光モード配分し、その正負相殺により、屈折率の温度分散を補償した。

カラーホログラム記録装置およびカラーホログラム製造方法
 登録番号
-------------
 概要
6888233(2021年5月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 3原色のカラーホログラムを生成する際に、2回の書き込み(露光)でホログラムを生成することによって、従来の3原色ごとの3回の書き込みに比べ、1回の書き込みにおける各色のダイナミックレンジ(振幅)を広くすることができ、ホログラム再生時における回折効率の低下を抑えることができる。

検索装置、検索プログラム、及び検索方法
 登録番号
-------------
 概要
6888234(2021年5月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 データ並列性を用いた範囲検索表により検索対象データを高速に検索する。汎用ハードウェアのCPU で用意されているデータ並列性を用いた演算命令であるSIMD命令群を用いて、k-ary searchを範囲検索に適用したk-aryed range searchと最終段探索を行う。

原子時計およびそれを用いた磁界強度計
 登録番号
-------------
 概要
6888235(2021年5月24日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 Λ型CPT共鳴を用いる原子時計において、周波数ロックレンジを拡大するためにCPT共鳴の検出に位相変調を用い、また、ロックレンジの最適化するために適度な磁界を印加することによって、CPT共鳴線へのロックレンジが拡大され、クロック信号が安定化されるまでの時間を短縮する。

通信資源の同時共用が可能な通信システム
 登録番号
-------------
 概要
6889468(2021年5月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 本発明では、基地局からの割当通知を得る必要がなく、端末局からのデータが衝突した場合には基地局にて干渉抑圧・除去を行い、送信データの復元を行う。端末局は送信データが生じた際に速やかに送信を開始できる。

空間整合受信
 登録番号
-------------
 概要
6889470(2021年5月25日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 光検出器、光検出器アレイ、光ファイバアレイなどを用いて光電界の振幅、位相成分の空間分布を検出することができる空間整合受信器。空間多重信号、多モード光多重信号の高速コヒーレント検出、受信へ応用する。

無線装置
 登録番号
-------------
 概要
6893631(2021年6月4日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 メッシュネットワークにおいて、特別なスリープスケジューリングにより、パケット送信効率を減少せずに省電力を実現する無線装置。

コンテンションベースの通信システム
 登録番号
-------------
 概要
6906782(2021年7月2日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 プリアンブル部とデータ部を連続して送信することにより、端末局で、データが衝突した場合でも信号分離処理を容易に行えるフレーム構成方式。端末局は送信データが生じた場合に速やかに送信開始が行える。

立体画像観察システム
 登録番号
-------------
 概要
6911269(2021年7月12日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 立体画像観察システムは、立体ディスプレイおよび誘導枠により構成され、立体ディスプレイにおいては、観察者が立体画像を観察する際に観察者の眼の位置すべき領域が視域として予め定義される。誘導枠は、観察者の眼を視域から外れた位置から視域に視覚的に誘導する。前記により高コスト化を抑制しつつ、正確な立体画像を観察者に視認させることが可能となる。

無線通信システム、及び無線通信方法
 登録番号
-------------
 概要
6913957(2021年7月15日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 端末と通信可能な複数の有無線ブリッジ間で各ブリッジのキューの情報を収集・共有することにより、複数の有無線ブリッジの機能を仮想化し、動的に専用周波数帯を確保し制御データや緊急信号などを所定の遅延およびパケット損失以下で配信する。

光学画像を用いた雲の高度および風速の計測方法
 登録番号
-------------
 概要
6925619(2021年8月6日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 2台の天頂に向けた広角カメラで撮像された雲の画像について、その視野にある雲の雲底高度分布を精度よく求めるものであり、広範囲の雲底高度分布を短時間で計測することができる。また、その画像の時間差分から、対象となる雲の速度を求めることから、広範囲の風の速度の計測も短時間で行うことができる。また、広い範囲の雲底高度の分布を、受動的な方法で計測するものであるため、他に及ぼす悪影響がない計測方法である。

無線通信システム
 登録番号
-------------
 概要
6929530(2021年8月13日登録)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 複数の送信シンボルの列、位相を演算して、複数のアンテナで送信し、複数のアンテナから選択したアンテナの組み合わせで計算できる係数を用いて受信したシンボルの推定を行う。送信シンボル列毎に位相制御の計算量を減らせるため、システム全体の構成を簡略化する。

NICTが保有する技術や特許などのご利用につきましては、下記にご相談ください。

問い合わせ先

イノベーション推進部門 知財活用推進室

TEL.042-327-6950
FAX.042-327-6659
E-mail: