本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

トピックス

  • 印刷
2015.01.19

暗号化状態でセキュリティレベルの更新と演算の両方ができる準同型暗号式を開発
~100年先の将来にわたり安全にプライバシーを保護できるデータ利活用へ向けて~

2013.10.22

SSLの脆弱性を検証するシステム「XPIA」を開発
~RSA公開鍵に関する脆弱性の分布状況を分かり易く表示~

2013.01.21

クラウド向け暗号技術の安全性評価で世界新記録を達成
~暗号化したままデータを処理する“格子暗号技術”の実用化に向けて~

2012.06.18

次世代暗号の解読で世界記録を達成
ペアリング暗号の安全性を確立し、次世代暗号の標準化に貢献

2013.10.28

ASIACCS 2014の公式Webサイトを開設しましたので, お知らせいたします.

2013.05.09

ASIACCS 2014開催のお知らせ
9th ACM Symposium on Information, Computer and Communications Security (ASIACCS 2014)を2014年6月4日から6日に京都にて下記の通り開催いたします(主催:情報通信研究機構・九州大学・立命館大学). また,ワークショップを2014年6月2日から3日に開催予定です.

開催場所 京都ガーデンパレス (交通・アクセス)
開催日時 2014年6月4日 〜 6月6日
締切日など

投稿締切日: 2013年12月16日, 23時59分(UTC).
採録通知日: 2014年2月4日(UTC).
最終版投稿日: 2014年2月28日(UTC).

(最終更新日: 2013年12月6日)