NICTは、平成30年度から新たに研究開発を開始する委託研究(公募第二弾)1課題について、下記のとおり受託者を決定しました。

1. 研究開発課題と受託者

次世代ウィンドプロファイラの実用化に向けた研究開発(1件を採択)

  • 研究開発期間:平成30年度~平成32年度(2020年度)
  • 提案課題  :ウィンドプロファイラにおけるACSシステムの実証評価
  • 概要   :本研究開発では、気象業務に供されているウィンドプロファイラ運用機の周囲に、ダイポールアンテナ等のアンテナを複数基設置して、適応信号処理を施すことによりクラッタ(固定物・移動体からの不要エコー)を低減するアダプティブクラッタ抑圧(ACS)技術の実用化を目的とした実証実験及び性能評価を行います。
  • 受託者   :住友電設株式会社

2. 公募等の概要

 上記課題「次世代ウィンドプロファイラの実用化に向けた研究開発」については、平成30年8月1日(水)から平成30年9月3日(月)まで公募を行いました。
 NICTは、学識経験者で構成される評価委員会(委員長: 村上仁己 成蹊大学元教授)の評価を経て、受託者を決定しました。
 公募の詳細は、以下のWebサイトをご参照ください。
 http://www.nict.go.jp/collabo/commission/20180801kobo.html

本件に関する問い合わせ先

イノベーション推進部門 委託研究推進室

福田 靖、久保 和夫、中後 明、鈴木 俊太郎

TEL:042-327-6011

E-mail: info-itakuアットマークml.nict.go.jp