• English
  • 印刷

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、情報通信分野を専門とする我が国唯一の公的研究機関として、情報通信に関する技術の研究開発を基礎から応用まで統合的な視点で推進し、同時に、大学、産業界、自治体、国内外の研究機関などと連携し、研究開発成果を広く社会へ還元し、イノベーションを創出することを目指しています。
当機構は、グローバルな視点で将来のICTに関する研究開発に意欲的に取り組み、様々な課題に果敢に挑戦していくために、多様な人材の個性を活かしながら能力を発揮できるダイバーシティの研究開発体制の推進に取り組んでいます。

パーマネント職員(研究職)およびテニュアトラック研究員採用

 令和5年度採用のエントリー受付は終了いたしました。

パーマネント研究職

雇用期間の定めのない研究職員で、研究開発業務に従事しますが、将来はマネジメント等の業務に従事することもあります。

テニュアトラック研究員

有期研究員(任期5年)として従事いただき、原則3年~5年目にパーマネント研究職員への移行審査を実施予定です。

有期研究員 採用

特定の研究テーマに沿った研究業務に一定期間従事する職務です。(雇用契約期間は一事業年度内で、研究テーマにより翌年度以降の契約更新の可能性があるものとないものがあります。)また、本業務は研究開発力強化法第15条の2の適用業務となります。

 下記の有期雇用職員(研究員)の公募実施中