• English
  • 印刷
「戦略4領域」と「重点5分野」

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は令和3年4月1日から令和8年3月31日までの5年間の第5期中長期計画を開始しています。
 第5期中長期計画では、重点的に研究開発を行う分野として、電磁波先進技術分野、革新的ネットワーク分野、サイバーセキュリティ分野、ユニバーサルコミュニケーション分野、フロンティアサイエンス分野の研究開発を進めます。また、戦略的に推進すべき研究4領域(Beyond 5G、AI、量子情報通信、サイバーセキュリティ)についても積極的に研究開発を進めます。戦略4領域を含む分野横断的な研究開発・その他の業務として、総合テストベッドの研究開発をはじめ、分野にとらわれないICTの研究開発を進めます。以下にNICTの重点研究分野の全体図を示します。

Focused_Areas_of_Research
「戦略4領域」と「重点5分野」 + オープンイノベーション

1.電磁波先進技術分野

電磁波を利用して、人類を取り巻く様々な対象から 様々な情報を取得・収集・可視化・提供するための技術、様々な機器・システムの電磁的両立性(EMC)を確保するための技術(超高周波・テラヘルツ波含む)、効率的な社会経済活動の基盤となる高品質な時刻・周波数を発生・供給・利活用するための基盤技術、低コストで高効率な回折光学素子を実現するための基盤技術として、リモートセンシング技術、宇宙環境技術、電磁環境技術、時空標準技術、デジタル光学基盤技術の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

電磁波工学、電波伝搬、電磁界測定、電磁界解析、リモートセンシング、レーダ技術、光計測技術、宇宙天気、電離圏、磁気圏、太陽・太陽風、電磁両立性(EMC)、較正技術、電磁雑音、生体電磁環境、周波数標準、超高周波・テラヘルツ波、光時計、時空間計測、衛星測位、ホログラム光学技術、拡張現実(AR)技術、Beyond 5G

2.革新的ネットワーク分野

Beyond 5G時代におけるSociety5.0の高度化による社会システムの変革に向かって、通信トラヒックの急増や通信品質の確保、サービスの多様化等に対応しうる革新的なネットワークを構築するための重点技術の研究開発を行います。Beyond 5Gで望まれる広帯域通信や超低遅延、高信頼などの機能を叶えるための光通信(基幹・アクセス)、無線通信(地上・衛星)、ICTデバイス、ネットワーキング等の基礎・システム技術、拡張性や柔軟性を高めるための光・電波融合、計算機能ネットワーク複合、NTN、レジリエントICT等の融合技術などを研究開発し、成果普及を推進して、Beyond 5G時代の社会を支えます。

関連研究部署

キーワード

ネットワーク、Beyond 5G、フォトニックICT、超高周波・テラヘルツ波ICT、スペースICT、レジリエントICT、光ファイバ通信、ICTデバイス、光電融合(電気・電波)、ワイヤレス通信、宇宙光通信、CubeSat、NTN、無線アクセス、ネットワーキング、ネットワーク制御管理、アーキテクチャ、通信方式、機械学習

3. サイバーセキュリティ分野

サイバーセキュリティ研究所では、巧妙化・複雑化するサイバー攻撃から我が国を守るため、NICTの中立性を最大限に活用し、産学との緊密な連携によりサイバーセキュリティ研究開発の世界的中核拠点を目指します。また、政府の方針を踏まえ、サイバーセキュリティに関する演習、サイバーセキュリティ産学官連携拠点形成、パスワード設定等に不備のある IoT 機器の調査などの業務を実施します。

関連研究部署

キーワード

サイバーセキュリティ技術、Beyond 5Gセキュリティ、ユーザブルセキュリティ、暗号技術、プライバシー保護技術、サイバーセキュリティ産学官連携拠点形成、サイバーセキュリティ人材育成

4. ユニバーサルコミュニケーション分野

誰もが分かり合えるユニバーサルコミュニケーションの実現を目指して、日本語を中心とし分野に特化した高品質・大規模データベースを核とするAI研究基盤を構築し、文脈や話者の意図、周囲の状況等の多様な情報源を活用した実用レベルの自動同時通訳を実現する多言語コミュニケーション技術、インターネット等に存在する膨大な知識を取得、推論等を行い、ユーザの興味や文脈に合わせた対話等を介して、得られた知識や推論結果を提供する社会知コミュニケーション技術、様々な種類・分野のパブリック/プライベートデータを連携させて実世界の状況分析・予測による行動支援を可能とするスマートデータ利活用基盤技術、空間・時間・身体の制約を超えたコミュニケーションを実現する技術等の研究開発とそれらの技術の社会実装に取り組んでいます。

関連研究部署

キーワード

多言語、対話、行動支援、AI、ヒューマンインターフェース、Beyond 5G

5. フロンティアサイエンス分野

未来の情報通信に新たなパラダイムシフトをもたらす技術分野に関する研究開発を行います。例えば、化合物半導体、超伝導体、有機材料、バイオ材料等の新機能材料と高度なナノ加工技術等を応用した高機能で高効率な次世代機能デバイス技術、人工知能や機械学習を用い新たな機能を持つ材料やセンサー等を創出する技術、未利用周波数を利活用するための超高周波 (テラヘルツ)技術、量子力学の原理に基づき、究極の安全性、大容量特性、超高速演算を追求する量子情報通信技術、生体/生命機能に学ぶ将来型情報解析・情報通信技術等の研究開発を行います。 また、これらの技術に関係する発展・融合的分野の研究開発を行います。
また人間の脳機能を解析し、その情報処理機構に学んだ新しい情報解析・情報通信技術、また、それらを実現するための脳機能計測・解析技術や大量の脳機能情報を蓄積し利活用する技術等の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

ナノICT、バイオICT、量子ICT、超高周波・テラヘルツ波ICT、 将来型情報解析・情報通信技術、ICTのための新概念、ICTのための材料科学、 脳情報通信、脳計測、BMI、Beyond 5G

6. 分野横断的、境界領域、分野にとらわれないICT

上記の5分野の研究開発と横断的に連携し、研究開発成果の普及や我が国のICT産業の競争力強化に向けた取組を行っています。具体的には、新たなサービスの検証等を可能とするテストベッドの構築・運用と新たな技術の進展に対応するための循環進化、Beyond 5Gの実現や社会課題の解決に向けた産学官連携による研究開発の推進、ICT分野のスタートアップ企業の支援やICT 人材育成など様々なことに取り組んでいます。また、国内だけでなく海外の研究機関や大学等との国際連携による共同研究の推進、国際的な人的交流の促進といったグローバルな展開も行っています。これらの幅広い分野に加えて、上記5分野の枠にとらわれない分野でも活躍できる人材を募集します。

参考となるページ

キーワード

テストベッド、技術実証、エミュレーション、CPS、分散広域実証、データ駆動型、循環進化、Beyond 5G、超高周波・テラヘルツ波ICT、データサイエンス、大規模データ利活用、異分野データ連携、新領域開拓、産学連携、国際連携、グローバル展開、地方創生、オープンイノベーション

その他、1~5の分野のキーワードの中からも選択可