• 印刷

1. センシング基盤分野

電磁波を利用して、人類を取り巻く様々な対象から 様々な情報を取得・収集・可視化するためのリモートセンシング技術や宇宙環境計測技術、社会経済活動の基盤となる高品質な時刻や周波数を発生・供給・利活用するための時空標準技術、様々な機器やシステムの電磁両立性を確保するための電磁環境技術等の研究開発に加え、AI等を活用したデータ処理・解析技術の研究開発も行います。

関連研究部署

キーワード

電磁波工学、電波伝搬、電磁界測定、電磁界解析、リモートセンシング、レーダ技術、光計測技術、宇宙天気、電離圏、磁気圏、太陽・太陽風、周波数標準、光時計、時空間計測、衛星測位、電磁両立性(EMC)、較正技術、電磁雑音、生体電磁環境、拡張現実(AR)技術

2. 統合ICT基盤分野

先端的な光ネットワーク技術、ワイヤレス通信技術、宇宙通信技術、これらを融合する技術を中心に、多種多様な現実空間からの入力情報を収容し、かつ価値ある情報をユーザや端末に提供するアクセス系技術、超高速かつ低消費電力で多種多様な大容量情報をグローバルに伝送・処理するコア系技術、ネットワーク全体を柔軟かつ効率的に利活用するためのネットワーク制御技術、限られた資源の制約の下で効率的なネットワーク機能を実現する技術、データセンターやクラウドをより高度化・進化させるネットワーク技術等の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

光通信、ワイヤレス通信、宇宙通信、ネットワーク、クラウド、アクセス系技術、コア系技術、ネットワーク制御技術

3. データ利活用基盤分野

音声翻訳、AI、ヒューマンインターフェース

言語や音声・画像、映像、環境データ等の多種多様で大規模な情報を収集・管理し、認識や分析、学習、推論、予測を通して価値を創造し伝達するための大規模情報分析技術、ことばの壁を乗り越える多言語翻訳及び音声処理技術、また、それらを実現するための人工知能(AI)技術と情報の価値や意味の理解を容易にする情報可視化技術や対話技術等のヒューマンインターフェース技術等の研究開発を行います。
AIの研究開発に必須なデータを、多種多様な方法で生成(あるいは収集・取得)・解釈・利用する技術等の研究と、それらのデータを社会的に新たな価値として提供できるような知見を創出していくための統合的AI技術等(特に、科学データの本質に踏み込んだ理解を基礎にしたデータ利用の可能性追求ができることを重視する) の研究開発を行います。

IoTデータ利活用

環境、交通、健康など様々な分野のIoTビッグデータを収集、統合 し、分析や学習、予測を通して価値を創造するためのデータ取得・解析技術やデータベース技術、人工知能(AI)技術やデータマイニング技術、GIS、情報可視化、スマー トサービス等の研究開発を行います。

脳情報通信

人間の脳機能を解析し、その情報処理機構に学んだ新しい情報解析・情報通信技術、また、それらを実現するための脳機能計測・解析技術や大量の脳機能情報を蓄積し利活用する技術等の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

人工知能(AI)、音声認識、音声処理、多言語翻訳、音声翻訳、音声対話、知的雑談対話、対話ロボット、質問応答、情報抽出・要約、自然言語処理、機械学習、ディープラーニング、知識獲得、知的推論、将来予測、データマイニング、ビッグデータ、ソーシャルメディア、データベース、GIS、 情報可視化、ユーザインタフェース、IoTデータ取得・解析、スマートサービス、脳情報通信、脳計測、BMI

4. サイバーセキュリティ分野

サイバーセキュリティ

安心・安全な情報通信ネットワークを構築・維持するための最先端のサイバーセキュリティ技術及び暗号技術、セキュリティテストベッド技術、機械学習とサイバーセキュリティの融合技術、パーソナルデータの利活用に貢献するプライバシー保護技術等の研究開発を行います。また、サイバーセキュリティ研究に資するサイバー攻撃解析やセキュリティシステムの開発・試験運用を行います。

セキュリティ人材育成

サイバーセキュリティの観点からICTのリテラシー向上と人材育成に関する技術的要件を捉え、それに伴う課題の解決に向けた研究開発として、ICT人材に関する産業界や教育界からの需要の調査・分析・研究、ICT人材育成に関する個別の先端技術(効果的な育成手法の開発、実践的な演習・訓練環境(模擬環境等)の構築、育成効果の測定・可視化等)の研究、及びこれらを総合したICT人材育成の実装システム全体に関する総合的研究等の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

サイバーセキュリティ、セキュリティテストベッ ド、機械学習、暗号技術、プライバシー保護技術、秘密計算、プライバシー保護機械学習、サイバー攻撃解析、サイバーインテリジェンス、ハードウェアセキュリティ、セキュリティ システム開発、セキュリティオペレーション、ICTリテラシー、セキュリティ人材育成、ICT・セキュリティ教育、ICT・セキュリティ教育効果計測・評価

5. フロンティア研究分野

未来の情報通信に新たなパラダイムシフトをもたらす技術分野に関する研究開発を行います。例えば、ナノ材料、有機材料、バイオ材料、超伝導体、半導体等の新機能材料を応用した高機能で高効率な次世代機能デバイス技術、人工知能や機械学習を用い新たな機能を持つ材料やセンサー等を創出する技術、未利用周波数を利活用するための超高周波 (テラヘルツ)技術、量子力学の原理に基づき、究極の安全性、大容量特性、超高速演算を追求する量子情報通信技術、生体/生命機能に学ぶ将来型情報解析・情報通信技術等の研究開発を行います。 また、これらの技術に関係する発展・融合的分野の研究開発を行います。

関連研究部署

キーワード

ナノICT、バイオICT、量子ICT、テラヘルツICT、 将来型情報解析・情報通信技術、ICTのための新概念、ICT のための材料科学

6. 分野融合、分野連携、境界領域、分野にとらわれないICT

分野間の融合や連携による価値の創造を進めていく 視点や将来に亘るICTの発展のために新領域を開拓していく視点、オープンイノベーションによる成果の社会実装を目指した研究開発成果の技術移転への取組、テストベッド(ネットワーク、クラウド、エ ミュレーションなど)の構築・利活用、データサイエンスなど、上記5分野の枠にと らわれない視点で広く人材を募集します。

参考となるページ

キーワード

テストベッド、エミュレーション、IoT基盤、データサイエンス、大規模データ利活用、レジリエントICT、異分野データ連携、新領域開拓、産学連携、国際連携、グローバル展開、地方創生、オープンイノベーション

その他、1.~5.の分野のキーワードの中からも選択可