本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

地域分散ネットワーク NerveNet(ナーブネット)

  • 印刷

 耐災害ICT研究センター

概要
NerveNet基地局
写真: NerveNet基地局

基地局同士が自動的に相互接続する機能を持ち、災害時に一部のルートで障害が発生しても直ちに別のルートに切り替え、通信を確保する無線マルチホップ技術を用いた分散ネットワークとアプリケーションです。

データを蓄積・同期する機能が各基地局内に備えられており、通信障害が発生しても、接続可能な基地局から必要な情報が得られます。

平常時は自治体やNPO等により、地域や住民が求める情報やサービスの提供など、地域振興のツールとして、また、イベント会場での仮設ネットワークなどへの活用も可能です。

地域分散ネットワークNerveNetの構成と活用イメージ
図:地域分散ネットワークNerveNetの構成と活用イメージ

知財・関連情報

特開2010-165112 「モバイル端末用センサー情報システム」 他7件

技術情報 「分散型無線アクセス網実験装置一式」 他17件