アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下、アストラゼネカ)とNICTは、自動翻訳システムの共同研究に関する実施契約をこのたび締結しました。今後、両者で医薬業界に特化した自動翻訳システムの実用性を検証します。
近年、人工知能(AI)を活用した翻訳サービスの導入が各業界で検討されており、特許分野など、一部の専門領域においてはAIによる自動翻訳が実用化されています。一方、製薬業界においては、本技術は開発途上ですが、多くの企業において、日本と海外の国とが同時に治験を実施する国際共同治験が主流となってきていることから、迅速かつ適切な翻訳へのニーズが高まっています。
こうした背景を踏まえ、両者は、NICTの最先端のAI翻訳エンジン「TexTra」を用いて、医薬分野に特化した精度の高い自動翻訳システムを開発するという共同開発に合意しました。
アストラゼネカ研究開発本部長の谷口忠明は、次のように述べています。「最先端の素晴らしい技術を持つNICTとAI翻訳を共同開発できることを非常に嬉しく思います。医薬品開発に対応できるAI翻訳エンジンは、グローバル医薬品開発プロセスに革新的な変化とベネフィットをもたらすことでしょう。当社は、今後もこのような日本の素晴らしい技術やサイエンスとのコラボレーションを積極的に実施し、革新的な医薬品開発へ生かしていく所存です」。
NICTは総務省と共に「翻訳バンク」の運用を行っており、翻訳データを集積して日本の翻訳技術の多分野化・高精度化に取り組んでいます。NICTにとって、今回の契約は製薬企業との初めての取り組みとなります。
アストラゼネカは、革新的な医薬品を一日も早く患者さんにお届けすることを使命として、現在60を超える開発プロジェクトを国内で実施しており、うち8割以上が国際共同治験となっています。アストラゼネカは、NICT に自社の対訳データを提供し、医薬分野に特化した翻訳システムの実用に向けて共同で検証を行うとともに、カスタマイズされた翻訳システムの使用権利を得ます。
医薬分野に特化した精度の高い自動翻訳システムが開発されることで、翻訳作業が効率化し、新薬をはじめとする薬事申請をより迅速に行うことが可能となります。製薬業界全体が目指している「一日でも早く患者さんへ薬剤を届ける」の更なる実現にあたり、今回のアストラゼネカとNICTの共同研究は、より良い医療への大きな貢献の一つになると考えています。
以上
TexTraについて
NICTでは、AI技術で多用される深い階層構造を持つニューラルネットワークを用いた自動翻訳技術(以下、ニューラル翻訳)の研究開発を推進し、研究成果である高精度自動翻訳エンジンをTexTraと名付けて公開しています。公開サイト「みんなの自動翻訳@TexTra®」(https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/)では、コピー・ペーストしたり、サイト上の翻訳エディタを利用したり、WORDやPPTのファイルを直接翻訳したり、API(Application Programming Interface)を介してプログラムから利用したり、様々な方法で翻訳精度を試すことができます。
翻訳バンクについて
ニューラル翻訳による自動翻訳の精度向上のためには、ニューラルネットワークのアルゴリズムの改良が有効であることに加えて、翻訳データ量の影響が大きいので様々な分野の翻訳データの確保が重要となります。NICT は総務省と共に「翻訳バンク」の運用を進めながら更なる翻訳データを集積し、日本の翻訳技術の多分野化・高精度化に取り組んでいます。
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)について
NICTは情報通信分野を専門とする我が国唯一の公的研究機関として、豊かで安心安全な社会の実現や我が国の経済成長の原動力である情報通信技術(ICT)の研究開発について基礎から応用までを推進するとともに、産学官連携や事業振興などに統合的に取り組んでいます。
アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・代謝疾患、および呼吸器の3 つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。また、炎症、感染症およびニューロサイエンスの領域においても、他社との提携を通じて積極的に活動しています。同社は、100 カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comまたは、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。
日本においては、主にオンコロジー、循環器・代謝/消化器疾患、呼吸器疾患を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。同社についてはhttp://www.astrazeneca.co.jpをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人情報通信研究機構
【NICT広報】

広報部 報道室:廣田

Tel: 042-327-6923

E-mail: publicityアットマークnict.go.jp

【翻訳に関すること】

先進的音声翻訳研究開発推進センター:隅田

Tel: 0774-98-6350

E-mail: ltg-infoアットマークkhn.nict.go.jp

アストラゼネカ株式会社

コーポレート・アフェアーズ統括部
倉橋愉美子/杉本美麗

E-mail: JPN.Ex.Commアットマークastrazeneca.com

Tel: 03-6268-2800