• 印刷
2019年7月2日
 NICT、日本電気株式会社(NEC、代表取締役 執行役員社長 兼CEO: 新野 隆)、株式会社東芝(東芝、代表執行役社長: 綱川 智)が開発してきた量子鍵配送ネットワーク技術の成果を盛り込んだ国際標準勧告が、2019年6月28日ジュネーブにて開催されたITU-T SG13会合にて、Y.3800(量子鍵配送をサポートするネットワークのフレームワーク)勧告として承認されました。
 本勧告は、量子鍵配送ネットワークの要求条件、及び基本構成と機能などを規定する勧告で、量子鍵配送関連として初の国際標準化に向けたITU-T勧告となります。ITU-Tでの国際標準の成立により、量子鍵配送を用いた秘匿性の高い暗号通信サービスの実用化と普及が加速すると期待されます。
 なお、本研究の一部は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「光・量子を活用したSociety5.0実現化技術」(管理法人:量子科学技術研究開発機構)によって実施されました。

詳細説明資料、背景、今回の成果、今後の展望、補足資料(用語 解説)などの詳細は
URL:https://www.nict.go.jp/press/2019/07/02-1.html
を参照ください。

報道発表
【新聞】
 掲載日  掲載紙  紙面  掲載内容
 2019年7月19日  科学新聞  5  【IT・情報通信 動静】情報通信研究機構 (NICT)とNEC、東芝
 2019年7月8日  電波タイムズ  2  ITU-Tで初の量子鍵配送ネットワークに係る勧告が成立 秘匿性の高い量子暗号通  信サービスの実用化と普及を加速 NICT, NEC, 東芝
 2019年7月8日  電経新聞  2  日本初の技術ITU-Tが承認 量子鍵配送ネットワーク技術が進展
 NICT, NEC, 東芝
 2019年7月8日  日本経済新聞  9  量子暗号の標準化 基板技術に日本案 NICT-NEC-東芝
 2019年7月5日  化学工業日報  6  量子鍵配送の勧告が国連機関に採用 NICT-NEC-東芝
 
 
【Web】
サイト名
タイトル/URL
IT Leaders
量子鍵配送ネットワーク技術がITU-T勧告Y.3800に、NICTNEC、東芝がドラフトを作成https://it.impressbm.co.jp/articles/-/18182
SEOTOOLSニュース
国際標準化機関ITU-Tで初の量子鍵配送ネットワークに係る勧告が成立http://www.seotools.jp/news/id_jcn_52775.html
ウイング
NICTNEC、東芝の量子暗号提案が国際標準勧告に採用 
http://www.jwing.net/news/14667