• 印刷
ICT mentor platform

ICT Mentor Platformとは

ICTメンタープラットフォームは、ICT分野の事業化を阻むとされる「3つ(事業、資金、人材)のクレバス」を埋めるため、ICT業界等で活躍する方々を「国立研究開発法人情報通信研究機構 ICTメンタープラットフォーム メンター」として組織化し、その「メンター」と「地域」、「若い人材」をつなぐプラットフォームです。
全国の支援機関・大学・コミュニティとのつながりを広げ、各地の人材・企業を発掘し、年度末に開催されるコンテスト(起業家甲子園、起業家万博)に向けた メンタリングを通して事業化を促進しています。

ICTメンター (Mentor)

情報通信研究機構 ICTメンタープラットフォーム メンターは、ICT大企業やベンチャーキャピタル、ベンチャー経営者等、各分野のプロフェッショナルです。ICTメンターのプロフェッショナルな視点から、ICTアントレプレナーをサポートし、事業化を促進します。

 ICTメンター

地区(連携)大会に審査員として出席し、発掘した有望なICTスタートアップに対して、メンタリング及び事業のブラッシュアップを行います。

石元 良武 氏

石元 良武 氏

DBJキャピタル株式会社
投資部 シニア・インベストメント・マネージャー

東京大学大学院工学研究科でマテリアル工学専攻。
シャープ株式会社に入社、液晶テレビの光学設計、AQUOSシリーズのLED搭載モデルの開発に従事。
2013年3月株式会社日本M&Aセンターで、中小企業の事業承継型M&Aの推進に従事し、M&A案件に関して、ディールソーシング、アドバイザリーを実施。
2016年4月DBJキャピタル株式会社入社、テック系のスタートアップを担当。技術系のバックグラウンドを生かした起業家とのコミュニケーションや、メンタリングによりシード・アーリー期のスタートアップの事業拡大を支援。
特許庁プログラムや、JSTのSTARTプログラムにおけるメンターとしての支援活動など、テック系スタートアップ支援の実績やノウハウを蓄積。

現職:DBJキャピタル株式会社投資部 シニア・インベストメント・マネージャー
略歴:東京大学大学院工学研究科マテリアル工学専攻
2013年3月 株式会社日本M&Aセンター 入社
2016年4月 DBJキャピタル株式会社 入社

今野 穣 氏

今野 穣 氏

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
代表パートナー、最高執行責任者(COO)

2006年グロービス・キャピタル・パートナーズ入社、2012年同社パートナー就任、2013年最高執行責任者就任、2019年同社代表パートナーに就任。
主な投資担当先は、Visional(旧ビズリーチ)、Yappli、クリーマ、アカツキ、ブイキューブ、ライフネット生命保険、Quipper、キラメックス、スマートニュース、アンドパッド、READYFOR、akippa、リノベる。、アグリメディア、FLYWHEEL、ナレッジワーク、ピナクルズ、セイビー、TERRASSなど。
同社以前は、経営コンサルティング会社(現PwC)にて、プロジェクトマネジャーを歴任。東京大学法学部卒。

上原 仁 氏

上原 仁 氏

株式会社マイネット
代表取締役社長

1974年滋賀県生まれ。神戸大学経営学部を卒業後NTTにてインターネット事業開発に従事。2006年マイネットを創業し同社代表に就任。ソーシャルメディア、SaaS事業を経て、現在はゲームとスポーツ2領域で事業を展開。ゲームサービス事業ではゲーム運営に特化したビジネスモデルを確立し、国内最多数のゲームタイトルを運営。スポーツDX事業ではプロクラブ運営のDX化を推進するクラブDX事業、日本初となるプロリーグ公認のファンタジースポーツ事業を展開。2事業を主軸に、第三創業期を迎えたマイネットのさらなる飛躍を目指す。

現職:株式会社マイネット 代表取締役社長

庄子 素史 氏

庄子 素史 氏

ソーシャルワイヤー株式会社
代表取締役社長

1974年宮城県仙台市生まれ
新卒で株式会社オリエンタルランド入社。営業やマーケティングに8年間従事。2006年、ソーシャルワイヤー株式会社を共同創業。海外事業責任者としてシンガポール移住。6年間で海外6拠点立ち上げと黒字化、同社東証グロース市場へIPO後、国内のデジタルPR事業の責任者を経て、2022年同社代表取締役社長へ就任。
こだわりは「100年継続企業」。

現職:ソーシャルワイヤー株式会社 代表取締役社長
略歴:青山学院大学文学部 卒業
株式会社オリエンタルランド
ソーシャルワイヤー株式会社 共同創業(現職)

杉原 美智子 氏

杉原 美智子 氏

フォーアイディールジャパン株式会社 代表取締役社長

2005年UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)入社。ICT分野のベンチャー施策の立案・実行に従事。 2017年オープンイノベーションを推進するLEAP OVER事業を立ち上げ、持続可能な地域社会の実現に向けスタートアップ・大企業・自治体の3者による共創の場「MURCアクセラレータLEAP OVER」を始動、5期に渡り責任者を務める。2021年スタートアップのビジネスプラン作成・登録サービス「STAEN」をリリース。同年、熱い自治体職員とスタートアップの出会いの場「Monthly Pitch7minutes」を始動。
2022年3月同社退職し、あるべき姿を社会に実装するエグゼキューションタンクを志向するフォーアイディールジャパン株式会社を設立。

田島 聡一 氏

田島 聡一 氏

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
代表取締役/General Partner

三井住友銀行にて約8年間、個人向けローンや中小・ 大企業融資等、さまざまな形態の資金調達業務に関わる。2005年1月、サイバーエージェントに入社。事業責任者として金融メディアの立ち上げに参画した後、サイバーエージェントの100%子会社であるサイバーエージェント・ベンチャーズ(現:サイバーエージェント・キャピタル)にて、ベンチャーキャピタリストとして投資活動に従事し、数々のIPO・バイアウトを実現。2010年8月以降は同社の代表取締役として、投資エリアの拡大や8ヶ国における投資戦略の策定及び全案件の投資判断に深く関与し、同社をアジアで通用する数少ないベンチャーキャピタルにまで牽引。2016年8月、株式会社ジェネシア・ベンチャーズを創業。日本と東南アジアでシードラウンドのDXスタートアップを中心に累計約100社に投資すると同時に、日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)の理事として業界全体の活性化に注力。

田中 邦裕 氏

田中 邦裕 氏

さくらインターネット株式会社
代表取締役社長

1996年舞鶴高専在学中にさくらインターネットを創業し、2005年に27歳でマザーズ上場。2007年に債務超過を経験するなど逆境もありつつ2015年に東証一部上場。(2022年の市場再編に伴い、現在はプライム市場)
アイモバイル・i-plug・ABEJAの社外取締役ほか、多くのスタートアップのメンターを担っており、大阪府の上場支援プロジェクト『Booming』ではスマレジなどを担当。年間5〜10件ほどのエンジェル出資も行う。
また、IPA未踏のプロジェクトマネージャーや国立高専機構運営協議会委員として若手ITエンジニア育成活動に積極的に携わり、後進の育成に力をいれている。また最近では、『テクノロジー×デザインで人間の未来を変える学校』をコンセプトとする、神山まるごと高専(仮称)にて、起業家講師を務めるなど高専の新設にも携わる。

現職:さくらインターネット株式会社 代表取締役社長
略歴:さくらインターネット創業(高専在学中)

1978年、大阪府生まれ。
株式会社アイモバイル・株式会社i-plug・株式会社ABEJA 社外取締役
情報処理推進機構(IPA)未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャー(PM)
ソフトウェア協会(SAJ)会長
日本データセンター協会(JDCC) 理事長
日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)常任理事
ブロックチェーン推進協会(BCCC)副代表理事
関西経済同友会 常任幹事
グローバル・ベンチャーエコシステム委員会 委員長代行
国立高等専門学校機構運営協議会 委員
高専プロコン交流育成協会 理事
経済産業省 「令和4年度学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」(学びの場)創出事業)」
「未来の教室」評価・検討会議 委員
数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度検討会議 委員
情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会 委員
大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム アドバイザー 等

田中 慎也 氏

田中 慎也 氏

BIJIN&Co.株式会社(ビジンアンドカンパニー)
代表取締役社長

携帯電話販売会社へ勤め、入社後わずか1か月で営業トップ成績を獲得。1999年、札幌市に株式会社ビーコミュニケーションズを設立。2010年、株式会社美人時計を買収し現職。従来のモデル事務所やタレント事務所とは異なるデビューのきっかけを提供し、地方に潜在するモデル・タレント等の志望者を顕在化。2016年、マッチングの最適化を図るキャスティングプラットフォームとして「CLOUDCASTING(クラウドキャスティング)」をリリース。これまで属人的だった業務をシステム化することでキャスティングにイノベーションを起こすべく、全国のキャスト(モデル・タレント・インフルエンサー・実演家等)には“活躍の機会”を、依頼者となるクライアントには“新たな才能との出会いと付加価値”を提供している。2017年7月より日本コロムビアなどを子会社に持つ株式会社フェイスの上席執行役員としてエンタテインメントイノベーション事業本部を管掌。

現職:BIJIN&Co.株式会社(ビジンアンドカンパニー) 代表取締役社長
略歴:株式会社ビーコミュニケーションズ 設立
株式会社美人時計(現BIJIN&Co.株式会社) 代表取締役社長
その他:1977年北海道大樹町生まれ

中嶋 淳 氏

中嶋 淳 氏

アーキタイプベンチャーズ株式会社 
代表取締役

1989年株式会社電通入社。各種企業コミュニケーション立案業務ののち、インターネットビジネス・スペシャリストとして100社以上のマーケティング・事業戦略立案、サービス/ブランド構築に携わる。2000年株式会社インスパイア創業直後から合流。事業会社に対する新規事業コンサルティング、ベンチャー企業へのインキュベーションを担当。2006年アーキタイプ株式会社設立。インターネット分野において革新的な技術やアイデアを持つ、創業期の企業をハンズオンで育成支援している。2014年よりB2Bテックにフォーカスしたファンド運営のアーキタイプベンチャーズ株式会社を設立。

現職:アーキタイプベンチャーズ株式会社 代表取締役
略歴:一橋大学社会学部 卒業
株式会社電通 入社
株式会社インスパイア 取締役副社長
その他:1989年一橋大学社会学部卒業
現在、クウジット株式会社/データセクション株式会社/株式会社ソニックス等の社外取締役を兼職。

永瀬 史章 氏

永瀬 史章 氏

D4V
Principal

D4Vのプリンシパル。ソーシングやデューデリジェンスから投資先支援までを一貫してマネージメントし、オペレーションチームを率いる。サイエンス系のバックグラウンドを活かし、ヘルスケアやDeep Techのスタートアップをはじめ、ユーザー心理/体験を追求する個人向けサービスを支援している。大学および大学院では神経科学、認知科学、画像解析を学び、外資証券会社やファンドでのインターンを経て、PwC Strategy&に入社。同社では主に総合商社や金融、医薬、製造業界を対象に、事業戦略、ポートフォリオ・マネジメント、コスト削減、デューデリジェンス等のプロジェクトに従事した。
慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 修了
Lund university(スウェーデン) Faculty of Engineering 修了

廣澤 太紀 氏

廣澤 太紀 氏

THE SEED
General Partner

2015年シードVCに参画。新規投資先発掘や投資先支援に従事。2017年からは、投資先にて社外取締役としてファイナンス業務に従事。2018年9月独立し、シードファンド「THE SEED」を設立。20代の若手起業家へ創業出資AIカフェロボット「root C」、農業技術のSaaSサービス「AGRI SUITE」やクラウドキッチン、VR/AR事業など、現在約20社へ創業投資。

福野 泰介 氏

福野 泰介 氏

株式会社jig.jp
創業者&取締役会長

1978年石川県生まれ。小学校3年でパソコン(MSX)に出会い、プログラミングの世界にはまる。
中学卒業後、福井高専電子情報工学科へ進学、2年生時に「全国高等専門学校プログラミングコンテスト」で準優勝。
2000年に高専時代の先輩と共に有限会社シャフトを創業、取締役に就任。
翌年、有限会社UNI研究所を創業。2003年に株式会社jig.jpを創業、2004年jigブラウザを開発、現在同社の取締役会長。
デジタル庁オープンデータ伝道師。総務省地域情報化アドバイザー。福井高専未来戦略アドバイザー。
神山まるごと設立準備委員会技術教育統括ディレクター。鯖江商工会議所常議員。
総務省戦略的情報通信研究開発推進事業インキュベータ。NICT ICTメンター。
「すべてのこどもたちにプログラミングを」PCN共同創始者、こどもパソコンIchigoJam開発者。

現職:株式会社jig.jp 創業者&取締役会長
略歴:国立福井工業高等専門学校電子情報工学科 卒業

保科 剛 氏

保科 剛 氏

株式会社T
代表取締役

1981年日本ユニシス株式会社に入社し、計算機科学、数理モデル、人工知能などをベースに様々な業種業態向けのアプリケーション開発に従事。通産省工業技術院電子技術総合研究所にてユーザーインターフェース、インターネットの研究に従事した後、1990年代のオープンシステムの潮流の中、オープン系のGUIアプリケーション開発プラットフォーム事業、基幹系プラットフォーム事業、クラウド事業を統括した。また、この頃より、シリコンバレースタートアップとの連携を始め、その経験から国内の大学発ベンチャープログラム支援してきた。

2002年ビジネスアグリゲーション事業部長就任、2003年アドバンストテクノロジ本部長就任を経て、2004年同社最高技術責任者就任後は、日本ユニシスグループのMOTを統括。2017年には日本ユニシス株式会社のCVC、キャナルベンチャーズ株式会社の代表取締役に就任、約30社への投資を実行。2020年日本ユニシス株式会社エグゼクティブアドバイザー就任。同年株式会社Tを設立、デジタルトランスフォーメーションに取組む企業のエグゼクティブアドバイザー、スタートアップのメンターを担っており、エンジェル投資も行っている。

山田 優大 氏

山田 優大 氏

Partners Fund  
代表パートナー

国際基督教大学教養学部卒業後、グリー入社。社長室にて予算策定/管理、投資案件を担当後、財務戦略部にてIR、子会社管理へ従事。
その後、インキュベイトファンドにおけるシード期のベンチャー支援/発掘を経て、2018年にFull Commit Partnersを設立、シードに特化したハンズオン型独立系ファンドを運営。
2022年9月に新ファンド「Partners Fund」として2号ファンドを設立。パートナーを拡大させ、日本のこれからの30年をつくるスタートアップと日々奮闘中。

ICTメンター[顧問]

ICTメンターとしての経験に基づき、高度な観点から提言・助言を行います。

伊藤 健吾 氏

伊藤 健吾 氏

D4V ファウンダー

新卒で三井物産株式会社に入社。10年間にわたりIT・エレクトロニクス事業に従事、シリコンバレー子会社でのベンチャー投資や新規事業立ち上げなどを経験。スタートアップ企業でのCEO、MOVIDA JAPANのSeed Acceleration Program等を通じてベンチャー業界で15年以上の経験を有する。MOVIDA JAPANでは累計300社以上のスタートアップを支援、Genuine Startups Fund Iでは50社以上のシード投資を行う。2016年10月、世界的デザインコンサルティングファームIDEOと共同でデザイン機能を有する日本唯一のベンチャーキャピタルD4Vを設立。

現職:株式会社ラクミー 代表取締役
D4V ファウンダー
01STUDIO株式会社 代表取締役

略歴:東京大学工学部卒、東京大学大学院卒(工学修士)
三井物産株式会社 入社
株式会社メタキャスト 代表取締役
MOVIDA JAPAN株式会社 Chief Accelerator

佐藤 光紀 氏

佐藤 光紀 氏

株式会社セプテーニ・ホールディングス
代表取締役/グループ社長執行役員

1975年 東京都生まれ。立教大学法学部を卒業後、1997年4月株式会社サブ・アンド・リミナル(現株式会社セプテーニ・ホールディングス)に新卒で入社。 1999年 新規事業責任者としてインターネット広告事業を立ち上げ、同社を国内トップクラスのデジタルマーケティング企業に育てる。2006年10月 持株会社体制移行に伴い、事業会社である株式会社セプテーニの代表取締役社長に就任。 2009年12月 セプテーニ・ホールディングス代表取締役(現任)社長に就任。 2013年 新規事業としてマンガコンテンツ事業を立ち上げ、マンガアプリ「GANMA!」を国内有数のマンガアプリに成長させる。また、GANMA!の初代編集長として、数多くのヒット作品づくりを手がける。2017年 1 月 委任型執行役員制度の導入に伴い、グループ社長執行役員に就任(現任)。 2019年1月 株式会社電通(現電通グループ)との資本業務提携契約締結に伴い電通の執行役員に就任。2020年12月 株式会社スシローグローバルホールディングス(現株式会社FOOD & LIFE COMPANIES)社外取締役に就任(現任)

現職:株式会社セプテーニ・ホールディングス 代表取締役 グループ社長執行役員
略歴:
1997年 立教大学法学部 卒業
1997年 入社
2009年 代表取締役(現任)社長
2017年 グループ社長執行役員(現任)
2020年 ㈱FOOD & LIFE COMPANIES社外取締役(現任)

照沼 大 氏

照沼 大 氏

日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC) シニアパートナー
北九州市顧問

新卒で、アンダーセン コンサルティング(現アクセンチュア)入社。その後、株式会社プレステージ・インターナショナルを経て、1998年に日本ベンチャーキャピタル株式会社入社。企業向けソフトウェア関連と通信関連のSEのバックグラウンドを活かして、ソフトウェア、ICT、インターネット、モバイル関連のサービス、製造業関連を主要領域に、アーリーステージ中心の投資を行う。基幹ファンドのジェネラルファンドの他に、「名古屋大学・東海地区大学ファンド」「京大ファンド」「阪大ファンド」「ATRファンド」をはじめとする多数のアカデミア・ファンドの運用経験と、多数の大手企業のバックアップを受けている基盤を活かし、「スタートアップ×アカデミア×大手企業」の三位一体でのオープンイノベーションの媒介役を標榜。幼少期を過ごした北九州市の顧問も務める。

現職:日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)  シニアパートナー
北九州市顧問

本間 真彦 氏

本間 真彦 氏

インキュベイトファンド
代表パートナー

慶應義塾大学卒業後、ジャフコの海外投資部門にて、シリコンバレーやイスラエルのIT企業への投資、JV設立、日本進出業務を行う。
2001年よりアクセンチュアのコーポレートデベロップメント及びベンチャーキャピタル部門に勤務。
2003年より三菱商事傘下のワークスキャピタルにてMonotaRO社等、創業投資からIPOを経験。
2007年にベンチャーキャピタリストとして独立。ネット事業の創業投資に特化したファンド、コアピープルパートナーズを設立。
2010年にインキュベイトファンド設立、代表パートナー就任。国内では、医療・ヘルスケア、Deeptech、B2Bへの投資フォーカス。
国内投資に加えて、シリコンバレー、インド、及び東南アジアの海外ファンドの統括も行う。

現職:インキュベイトファンド 代表パートナー
略歴:慶應義塾大学商学部 卒業
株式会社ジャフコ 海外投資部門 入社
アクセンチュア コーポレートデベロップメント ベンチャーキャピタル部門
ワークスキャピタル株式会社
コアピープルパートナーズ 設立

ICT Mentor Platform vision

ICTは、新事業創出エンジンとして高い潜在力を有し、これからも日本経済のけん引力であり続けます。ICT利活用の重要性は、誰もが疑うことを知りません。そして、熱意あるICTアントレプレナーやそのたまご達は、きっと全国各地で、自ら地域活性化のエンジンとなる準備を進め、うぶ声をあげるチャンスをうかがっています。NICTは、我が国を代表する一流メンター陣により、熱意あるアントレプレナーを支援するICT Mentor Platformを運営しています。ICT Mentor Platformは、地域を代表するアントレプレナーたちが地域を超えてお互いを刺激し高みを目指す場を提供し、ICTを活用した新事業の創出を実現していくことで、これからも日本を元気にしていきます。