• 印刷
NICTは、2018年2月8日(木)・9日(金)にパシフィコ横浜にて開催される第22回「震災対策技術展」横浜において、NICTが研究開発を進める小型光ハブなどの災害対応に役立つ技術や、ゲリラ豪雨などの早期予測を目指した地デジ放送波を用いた水蒸気量推定手法の開発など、最新の研究成果を紹介します。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

主な展示内容

  • 地上デジタル放送波を利用した水蒸気量推定
  • マルチレイヤー画像表示システムによる電磁波観測データの紹介
  • AI支援で宇宙に飛び出せ ~宇宙天気予報~
  • 大規模災害時の被災状況把握システムDISAANA & D-SUMM
  • 災害に強いネットワークシステムとIoT
  • 自由に組み合わせできる光通信装置
  • 省電力ワイヤレスグリッド技術
  • ドローンの見通し外運用を支援する無線通信技術
  • 衛星を用いた災害応急通信技術の研究開発
  • 次世代安心・安全ICTフォーラム会員の活動紹介
第21回「震災対策技術展」横浜の様子
第21回「震災対策技術展」横浜の様子
第21回「震災対策技術展」横浜の様子
開催日時 2018年2月8日(木)・9日(金)10:00~17:00
開催会場
アクセス(URL)
パシフィコ横浜 Dホール
横浜市西区みなとみらい1-1-1
https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/access/
主催 「震災対策技術展」横浜 実行委員会
参加対象者 自治体・企業の防災担当者、防災システムの製造事業者・研究者、および防災に興味を有する方
参加費 無料
参加申し込み 当日登録制
(受付にて、アンケートに記入後、入場者証と交換します。2日間有効。)
イベント詳細 https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/

お問い合わせ先

国立研究開発法人情報通信研究機構

電磁波研究所 企画室

E-mail: aer-madoアットマークml.nict.go.jp

関連情報

NICTおよび次世代安心・安全ICTフォーラムは、2018年2月9日(金)にパシフィコ横浜にて「災害・危機管理ICTシンポジウム2018 -災害時の情報流通とプライバシー保護-」を開催いたします。詳細は、以下のWebページをご覧ください。

http://www.nict.go.jp/info/event/2018/02/180209-1.html

皆様のご参加をお待ちしております。