• 印刷

平成28年度開始課題

平成30年度開始課題

採択
番号
課題名 実施
年度
19301 スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発
副題 STEAM:スマートコミュニティを支えるエネルギーとモビリティを対象としたセキュアな高信頼フレームワーク
H30
|
R3
19302 スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発
副題 超高信頼性を達成する次世代インテリジェント光ネットワークアーキテクチャ
H30
|
R3
19303 スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発
副題 ソーシャルメディア時代の高信頼災害時通信の研究開発
H30
|
R3
19304 スマートコミュニティを支える高信頼ネットワーク構成技術の研究開発
副題 高信頼設計エッジ・クラウド・ネットワーク
H30
|
R3
19401 国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究
副題 霊長類の脳における形状・テクスチャ統合的処理の計算論的研究
H30
|
R3
19402 国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究
副題 脳の顔認識系の計算原理
H30
|
R3
19501 欧州との連携によるハイパーコネクテッド社会のためのセキュリティ技術の研究開発
副題 ブロックチェーン・ビッグデータ・クラウド及びIoTを使用したハイパーコネクテッドスマートシティを実現するマルチレイヤセキュリティ技術
Acronym M-Sec
H30
|
R3
19601 欧州との連携によるBeyond 5G先端技術の研究開発
副題 大容量アプリケーション向けテラヘルツエンドトゥーエンド無線システム
Acronym ThoR
H30
|
R3
202A01 超長期セキュア秘密分散保管システム技術の研究開発 課題A 物理乱数源の研究開発
副題 秘密分散の基盤となる小型・高速・安全な物理乱数源の開発とシステム総合評価
H30
|
R4
20301 マルチコアファイバの実用化加速に向けた研究開発
副題 標準クラッド径マルチコアファイバ伝送路技術の確立
H30
|
R4
20401 超並列型光ネットワーク基盤技術の研究開発
副題 大規模データを省電力・オープン・伸縮自在に収容する超並列処理光技術
H30
|
R3
20501 高スループット・高稼働な通信を提供する順応型光ネットワーク技術の研究開発
副題 順応的に高スループット・高可用性を提供する光ネットワーク技術の開発
H30
|
R3
20601 5G・Beyond 5Gの多様なサービスに対応する有線・無線アクセスネットワークのプラットフォーム技術の研究開発
副題 5G・Beyond 5Gの多様なサービスに対応する有線・無線アクセスネットワークの仮想化とエッジクラウド基盤技術の研究開発
H30
|
R4
20701 Beyond 5Gに向けたモバイル収容大容量光アクセスインフラの研究開発
副題 Radio-over-Fiber型伝送技術をベースとするBeyond 5Gモバイルフロントホールの研究開発
H30
|
R3
20901 BMI オープンイノベーションのための 脳活動マルチモーダル計測データの解析と その応用技術の研究開発
副題 Ready-to-Use 非侵襲高パフォーマンス BMI のためのキャップ型脳波-脳磁図同時計測法と脳モデルと人工知能を用いたデータ生成技術の開発
H30
|
R4

令和2年度開始課題

採択
番号
課題名 実施
年度
21701 国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究(第3回)
副題 月面ジャグリング課題を用いたスキル獲得の脳内メカニズムの解明
R2
|
R5
21801 高度自動運転に向けた大容量車載光ネットワーク基盤技術の研究開発
副題 多機能光集積回路を利用した高信頼大容量車載光ネットワークの研究開発
R2
|
R5
21901 Beyond 5Gにおける衛星-地上統合技術の研究開発
副題 衛星-地上統合技術の情報収集、技術確立及び有効性確認
R2
|
R6
22001 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 AI・IoTを活用した北海道における次世代施設栽培の確立
R2
|
R4
22002 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 人や様々なモノの接点を検知するイメージセンサネットワーク基盤の構築
R2
|
R4
22003 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 個人別熱中症リスク情報見える化システムの研究開発 ~埼玉県熊谷市における効果検証~
R2
|
R4
22004 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 情報銀行による匿名化データサービスと地域永続化実証
R2
|
R4
22005 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 大規模位置データ連携による観光施策立案評価システムの研究開発
R2
|
R4
22006 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 未来型住宅団地におけるサービス連携プラットフォーム
R2
|
R4
22007 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 被災地域における医療救護活動のデータ共有と組織間連携に関する研究開発
R2
|
R4
22008 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 バーチャル物見櫓(V-THUNDERBIRDs)- 災害発生地域における緊急事態対応に必要な情報収集・共有システム -
R2
|
R4
22009 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 JGNと5Gを用いた遠隔地手術データ連携とAI解析による地域間医療技術の高水準化のための研究開発
R2
|
R4
22010 データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発(第3回)
副題 山間過疎地を対象とした高齢者向け屋内外包括見守りシステムに関する研究開発
R2
|
R4

令和3年度開始課題

採択
番号
課題名 実施
年度
22101 国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究(第4回)
副題 シンプルな神経系をもつホヤにおける単一ニューロンレベルでの神経回路解析
R3
|
R6
22102 国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究(第4回)
副題 霊長類の手を用いた物体操作に必要十分な大脳皮質・脊髄神経回路:生理学的実験・脳型コンピューター・ロボットハンド研究の融合による構成論的検証
R3
|
R6
222A01 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題A:ウイルス等感染症により発生するパンデミック対策に資するICT
副題 IoT無線制御技術と除菌ロボットを用いた最適除菌ルート制御と除菌効果の可視化による除菌自動化システム
R3
|
R4
222A02 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題A:ウイルス等感染症により発生するパンデミック対策に資するICT
副題 介護現場感染症対策?援のためのネットワーク化とAIプラットフォーム
R3
|
R4
222A03 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題A:ウイルス等感染症により発生するパンデミック対策に資するICT
副題 COVID-19肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォーム開発と実証展開
R3
|
R4
222B01 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題B:新型コロナウイルス感染症対策“新しい生活様式”を実現するためのICT
副題 3密回避を実現するドローンAI協調型海ごみ自動回収運搬ロボットの開発
R3
|
R4
222B02 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題B:新型コロナウイルス感染症対策“新しい生活様式”を実現するためのICT
副題 「超」ハイブリッド路線バスセンシングによる公共交通機関のスマート化基盤に関する研究開発
R3
|
R4
222C01 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題C:アフターコロナ社会を形成するICT
副題 アフターコロナ時代の超多様性社会を実現するダイバーシティ・ドリブン・トランスフォーメーション技術の研究開発
R3
|
R5
222C02 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題C:アフターコロナ社会を形成するICT
副題 多様な都市活動を支援する予測情報共有型時空間リソース有効活用技術の研究開発
R3
|
R5
222C03 ウイルス等感染症対策に資する情報通信技術の研究開発
課題C:アフターコロナ社会を形成するICT
副題 新生活様式におけるコミュニティ形成のためのサイバーフィジカル空間共有基盤
R3
|
R5
22501 自動翻訳の精度向上のための「マルチモーダル情報の外部制御可能なモデリング」の研究開発
副題 マルチモーダル情報理解と制御可能なテキスト生成の研究開発
R3
|
R7