• 印刷

西村 竜一(主任研究員)
                         

1998年4月
(株)ATR知能映像通信研究所
2000年4月
東北大学電気通信研究所
2006年12月
情報通信研究機構
以降,音響電子透かし,立体音響,インフラサウンド,パッシブレーダー,海上監視に関する研究に従事

担当プロジェクト

自然環境計測

研究キーワード

自然災害,早期検出,音源推定,マルチチャネル信号処理,最適化

主な成果

1) バーチャルリアリティ学会論文賞 (2001)

2) 日本音響学会 粟屋潔学術奨励賞 (2004)

3) 西村竜一,「臨場感の向上に向けた音響信号処理技術」,電子情報通信学会論文誌(A),vol. 97,no. 4,pp. 256-263,2014. (招待解説論文)

4) 電子情報通信学会シニア会員 (2014)

5) 西村竜一,鈴木陽一,「聞こえない音で遠くの自然現象を察知」,電波技術協会報FORN,No. 333,pp. 18-21,2020.

主要な業績

1) R. Nishimura, P. Mokhtari, H. Takemoto and H. Kato, “An attempt to calibrate headphones for reproduction of sound pressure at the eardrum,” IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, vol. 19, no. 7, pp. 2137-2145, 2011.

2) R. Nishimura, “Audio watermarking using spatial masking and Ambisonics,” IEEE Trans. on Audio, Speech, and Language Processing, vol. 20, no. 9, pp. 2461-2469, 2012.

3) 西村竜一,園田光太郎,「制約条件・重み付き最小2乗法によるヘッドホンジュ受聴を指向したサラウンド信号の再合成」,電子情報通信学会論文誌(D),vol. 98, no. 10, pp. 1335-1343,2015.

4) 西村竜一,天間克宏,服部聖彦,金子健司,伊藤彰則,藤井豊展,木島明博,「深層学習を用いた音紋による船種同定の試み」、信学技報、vol. 118, no. 234, pp. 1-6, 2018.

5) R. Nishimura, S. Enomoto and H. Kato, “Speech privacy for sound surveillance using super-resolution based on maximum likelihood and Bayesian linear regression,” IEICE Trans. on Information and Systems, vol. E101-D, no. 1, pp. 53-63, 2018.

6) R. Nishimura and Y. Suzuki, “Source and direction of arrival estimation based on maximum likelihood combined with GMM and eigenanalysis,” IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), pp. 3434-3438, 2018.

7) P. Mokhtari, H. Kato, H. Takemoto, R. Nishimura, S. Enomoto, S. Adachi and T. Kitamura, “Further observations on a principal component analysis of head-related transfer functions,” Scientific reports, vol. 9, no. 7477, pp. 1-7, 2019.

8) 西村竜一,鄭炳表,川崎和義,高橋卓,「機械学習を用いた衛星放送電波モニタリングに基づく降雨推定の試み」,信学技報,vol. 118,no. 442,pp. 123-128,2019.

9) 西村竜一,坂本修一,苣木禎史,山高正烈,「防災行政無線屋外拡声子局における出力レベルの最適化」,日本音響学会,vol. 76,no. 9,pp. 475-484,2020.

10) R. Nishimura and Y. Suzuki, “ML and EM estimation of sampling intervals of sensor devices,” IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), pp. 4915-4919, 2020.


お問合せ先

ryou at nict.go.jp
* at を @ に書き換えてください。