• 印刷

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、2021年4月から第5期中長期計画に基づく研究開発を開始しました。これに伴い耐災害ICT研究センターを「レジリエントICT研究センター」に改組し、耐災害ICTの研究成果を基盤として、大規模災害や障害等の様々な事象によって引き起こされる急激な変化にも対応可能なレジリエントICT基盤技術の研究開発に取り組むと共に、その成果の社会展開を推進していきます。
 今回のシンポジウムでは、「レジリエントICT研究センター」のビジョンや研究開発課題、そして産学官連携を通じた社会実装に向けた取組みを中心にご紹介いたします。

開催日時    2022年2月22日(火)13時15分~17時10分

【会場参加】と【オンライン参加】のハイブリッドで開催致します。
詳しくは申込方法の欄をご覧ください。  

プログラム

 〇開会
13:15  開会挨拶 情報通信研究機構理事 門脇直人



〇基調講演
13:20【基調講演】「レジリエントな世界を目指して-レジリエントICT研究センターのビジョン-」
    情報通信研究機構ネットワーク研究所レジリエントICT研究センター長 井上真杉



〇第1部 レジリエントICTの創出に向けて
13:40【招待講演】「タフなロボット技術の研究開発」
    東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センター長 田所 諭

14:15「タフ無線環境に適応する無線アクセス技術に関する研究開発」
    情報通信研究機構ネットワーク研究所レジリエントICT研究センター
    サステナブルICTシステム研究室長 滝沢賢一

14:50「光ネットワークのレジリエンシー向上に向けて」
    情報通信研究機構ネットワーク研究所レジリエントICT研究センター
    ロバスト光ネットワーク基盤研究室長 淡路祥成



〇第2部 ICTによるレジリエントな社会を目指して
15:35「目と耳と手で見る・診る・視る自然環境~レジリエント自然環境計測技術」
    情報通信研究機構ネットワーク研究所レジリエントICT研究センター研究統括 村田健史

16:10【招待講演】「香南市の防災・減災対策の現状と課題」
    高知県香南市役所防災対策課課長補佐兼危機管理係長 久保雅裕

16:30「レジリエントな分散エッジクラウドの実現へ向けて-ダイハードネットワーク®の紹介-」
    情報通信研究機構ネットワーク研究所レジリエントICT研究センター
    サステナブルICTシステム研究室主任研究員 大和田泰伯



〇閉会
17:05  閉会挨拶 情報通信研究機構ネットワーク研究所長 原井洋明



<ポスター>

申込方法

参加対象 一般(どなたでも参加できます)
参加費 無料
開催方法 本シンポジウムは【会場参加】と【オンライン参加】のハイブリッドで開催致します。お申し込みの際に、どちらかを選択して下さい。
【オンライン参加】の方には開催前日にご登録いただきましたメールアドレスに接続方法をお知らせ致します。
【会場参加】の方は下記の会場に直接お越し下さい。(12時45分から受付開始)
 TKPガーデンシティ仙台(ホール30B)
 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1AER30階(TEL:022-204-1036)
地図
詳しいアクセス方法を見る
参加申込み 下記の申込フォームにご登録願います。申込締切:2月15日(火)
定員(会場100名、オンライン500名)になり次第、受付は終了させていただきます。

申込フォーム

※ご登録頂いた個人情報は、レジリエントICT研究シンポジウム2022に関わる業務にのみ使用します。また国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)個人情報保護方針に従って、厳正に管理致します。詳細についてはNICTホームページの「個人情報の管理に関する定め」個人情報管理規程をご覧下さい。

ご参考 耐災害ICT研究シンポジウム2021 アーカイブ動画


2021年3月24日開催

NICTchannelで講演模様のアーカイブ動画を公開中です
 
 

主催/後援

主催 国立研究開発法人情報通信研究機構、耐災害ICT研究協議会
後援
国立大学法人東北大学、総務省東北総合通信局

問い合わせ先

レジリエントICT研究センター
企画連携推進室

Tel: 022-713-7511

Fax: 022-713-7587

E-mail: resil-sympoアットマークml.nict.go.jp