本文へ
文字サイズ:小文字サイズ:標準文字サイズ:大
  • English Top

耐災害ICT研究センター

  • English
  • 印刷

災害が発生しても“つながる”ネットワーク、“壊れない”ネットワークを目指して、災害に強い情報通信技術の研究を推進します。

研究センター概要

[ 研究センター長 ] 熊谷 博
[ 研究センター長 ] 熊谷 博

情報通信システムは、東日本大震災時、大きな被害を受け、充分には機能しなかった反面、社会インフラとしての重要性が強く認識されました。

このような背景から、情報通信研究機構では東北大学の協力を得ながら世界トップレベルの研究拠点「耐災害ICT研究センター」を同大学内に設置し、産学官の共同研究を推進することによって、災害に強い情報通信の実現と被災地域の地域経済活動の再生を目指します。

最新情報

トピックス
カンボジアの無電力地域で太陽光による高速データ共有環境を実現NerveNet(ナーブネット) を用いて世界のルーラル地域の課題解決に貢献[2016.03.25]
耐災害情報通信技術の実証実験に成功 [PDF形式, 1.07MB]無線通信システムを活用し、Web会議等によりキャンパス間で被災状況を情報共有[2015.11.05]
宮城県原子力防災訓練における耐災害ICTシステムの活用住民の避難状況を衛星経由で災害対策本部に送る映像伝送実証実験のお知らせ[2015.10.29]
平成27年度産学官連携功労者表彰 総務大臣賞を受賞根元義章研究センター長が平成27年度(第13回)産学官連携功労者表彰総務大臣賞を受賞いたしました。[2015.08.31]

イベント
耐災害ICT研究シンポジウム2017-耐災害ICT×ロボティクス×コネクテッドカーで減災・防災への新たな展開-
日時:2017.03.27(月)13:00-16:20
* 展示:2017.03.27(月)12:00-17:00
場所:TKPガーデンシティー仙台(AER)30階
[2017.02.17]

お問い合わせ

 

耐災害ICT研究センター 窓口
E-mail:
代表電話:022-713-7511